--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/21.Wed

ユキ、来独

私がまだ独身の頃、もう8~10年前に、あまり日本人がいない観光地へ行きたくて、マルタ島へ行ったことがあるのですが、そこで知り合ったお友達、ユキが遊びに来てくれました!!
ユキは私と知り合う前から大の旅行好きで、いろんなところへ海外旅行しているとても活動的な子。
年に数回、世界中を飛び回っていて、とても羨ましい存在です。
その分、ハプニングにもたくさん遭っていて、こんなことを言っては何だけど、聞いていて飽きないの。

3月の終わり頃に一度、遊びに来てくれる話があったけど、その時は復路の航空チケットが手配できず、やむなく断念。
そしてその無念を晴らすべく、今回、休みが取れたとのことでリベンジだったのです。
でも今回の方が、季節的には良かったよ~

ユキは土曜日のお昼過ぎ着の便だったので、デュッセルドルフ国際空港でピックアップし、そのまま市内観光へ。
と言っても、デュッセルは見どころがほんとうに少ない・・・
郊外にある、Schloss Benrath(ベンラート城)へ行くことにしました。

20100720-1
ピンクの外観が可愛らしく、この写真を撮っている場所は中庭で、その中庭は広大に広がっており、お散歩には最適です。
なんと、丁度結婚式をしているところに出くわしました!(真ん中の白いのがウェディングドレス)

そしてこの日は、1811年にナポレオンが来たとされるドイツ料理のお店、Zum Schiffchen(ツム・シフヒェン)で夕食を食べに。
ドイツ料理としては有名な、アイスバイン(豚のすね肉の骨付きを塩ゆでしたもの)とソーセージの盛り合わせを頼み、ユキとジョーはビールを堪能しました~
(私も気分を味わうべく、ノンアルコール・ビールを!)

二日目の日曜日は、ケルンへ。
ここは世界遺産の大聖堂がオススメ。
まだ妊娠中に遊びに来てくれた義母&義妹や、別のお友達も連れて行った場所で慣れているけど、やはりいつ見ても壮大で鳥肌が立つ。

20100720-2
大聖堂

20100720-3
大聖堂の中。
この日は日曜日の午前中だったので、ミサが行われておりました。

ランチを食べた後は、ケルンから南に約13kmのBruhl(ブリュール)という町にあるケルン大司教の城館、Schloss Augustusburg(アウグストゥスブルク城)へ。
ここも世界遺産に登録されている場所。
※二回目だったので、写真は撮りませんでした

20100720-4
家に戻ってから一息ついて、夕食へ。
この日は我が家から徒歩15~20分の場所にある、ドイツ料理レストラン。
地ビールが飲めて、リーズナブルの割に美味しい料理なのでオススメなのです。
天気の良い日だったので、ほとんどのお客さんは外の座席にいました。
私たちはイブもいるので中で食事とビールを堪能。
サービスしてくれたウェイターは子供好きのようでテーブルに来る度に、イブへ愛想を振りまいてくれ、帰り際に一緒に写真を撮ろうと思ったら、泣いてしまいました・・・
それまでは笑顔満載だったのに。

三日目は車で約3時間の町、ブレーメンへ。
世界遺産好きのユキのリクエスト。
ここの広場にも、世界遺産に登録されているローラント像や、市庁舎があって見ごたえ十分。

20100720-5
広場からちょっと入ったところに、Bottcherstrass(ベトヒャー通り)があり、ここは中世の街並を再現した美しい一角。

20100720-6
その通りにある建物には、マイセン製グロッケンシュピール(鐘)があり、丁度の時間になると、その鐘の演奏が聴けるのです。
私たちが通りがかったら、運良く演奏が始まり、ラッキーでした!
分かりづらいけど、二つの三角の間にあるのが、その鐘達。

20100720-7
そしてもう一つの見どころ、Schnoorviertel(シュノーア地区)
石畳の入り組んだ細い路地裏散策が楽しい場所。
旧市街では珍しく戦災を免れた地区だそう。
写真は、St. Johann(聖ヨハン教会)

20100720-8
おしゃれなカフェやレストラン、アンティークショップが点在し、ちょっと非日常的な空間。

20100720-9
Weser(ヴェーザー川)の向こう側が、観光の中心となる旧市街。
この日は天気がとても良く、どの景色を撮っても絵になりました~

実は行きも帰りも少し渋滞に遭い、家に着いたのは夜10時。
我が家の近所にあるイタリアンで、この日は軽い夕食をとりました。

そして4日目、この日が最終日というか、この日の夜には空港へ見送りにいかなければならず、本当に短い滞在だったけど、とても楽しい日々だっただけに、別れが辛かった。
ユキはドバイ経由の飛行機だったので、帰りのトランジットを利用して、ドバイで少し観光を楽しむそう。

ユキ、気を付けて日本へ戻って、そしてまた遊びに来てね~☆

たくさんの思い出をもらい、そして本当に楽しかった時間。
イブも楽しかった様子。
またお友達が来て欲しいと切に願う我が家なのでした。



スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
私も行きたい~!!!うらやましい。

素敵な町だというのが、とっても伝わってきました。
写真もとってもきれいに撮れてましたね!ピンクの壁、素敵!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。