--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/06.Thu

いちご&ホワイトアスパラガス

春になると、店頭に出てくるモノ・・・

苺♪♪♪
(独語:Erdbeer)

日本では、12月くらいから出始め、2月くらいには完熟した甘~い苺が安価で手に入るが、こちらドイツでは、甘~い苺が手に入るのは春(4月頃)からなのです。
噂によると、秋にも苺が店頭に並ぶらしいですが、私は未経験。

スーパーマーケットにはもちろん、小売店にもズラーっと真っ赤な可愛い苺たちが並びますが、やっぱり美味しいのはマルクト(市場)に並んでいる苺。
そして、散歩道脇にも苺屋さんが出始めるのです。

独語学校の先生談では、スーパーマーケットの苺は、ドイツ国外からの輸入品で、時間をかけて運ばれるため、また、物持ちを良くするため、未だ熟す前の苺を摘み取っているから、甘さに欠けるそう。
でも、マルクトや道路脇に並ぶ屋台の苺はきっと、国産で、熟してから摘み取っているから甘いのだろう。
その分、ちょっとだけ値は張りますが・・・
といっても、今の時期がピークなので、どんどん安価になっていきますよ。

春になると出てくるもう一つ、有名なモノ。
アスパラガス!
し・か・も、ホワイトアスパラガス。
(独語:weiss Spargel)

日本では、缶詰のホワイトアスパラガスしか食べた事無かった私。
だって、白いのは高価ですものねー。
でもこちら、ドイツでは、安価に手に入るのです!!

日本では買ったこともなかったので知らなかったけど、白い方は、皮を全て剥きます。
しかも、けっこう厚く。
それを知らなかった私は、普通のピーラーで下の方だけ剥いて調理していたので、どおりでスジっぽかった訳だ。
ちなみに、アスパラ専用のピーラー(分厚く皮を剥く)があるし、マルクトに行けば、専用の大きな機械で皮を剥いてくれるのです。

食べ方は至って簡単。
茹でて、溶かしバターをかけるだけ。
もしくは、卵黄ソースといわれる、アスパラ用のソースがレトルトで売られていて、それをかけて食べます。

ドイツ方式ではちょっとこってりしているため、私はバター炒めにしたり、茹でたものをマヨネーズで食べるのが好き。

日本では普通に、安価で手に入れていた野菜が、こちらでは手に入りづらい一方、こちらで安価に食せるモノを、こちらにいる間に食べておこうと思います。
まさに、郷に入れば郷に従えですね。

20100505-1


<<番外>>
今日はそういえば、5月5日。端午の節句。
男の子だったらお祝いをするけど、イブは桃の節句にお祝いを済ませているので、今日はマルクトで買った苺を私が食べ、おっぱいに加工して(笑)、イブにあげようと思います。
日本にいれば、GWだったり、店頭に子供の日グッズが売っていたりで、絶対に忘れないけど、うっかり忘れそうでした・・・

スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
ホワイトアスパラガスは美味しいよね~v-238
日本でも最近、国内産を売ってるけど、やっぱりちょっとお高いのでした・・・。
ドイツの苺も美味しいかな?前にフランスで食べた苺は味が濃くて美味しかったよん☆日本の苺は形は綺麗だけどなんとな~く味が薄い気がするのでした。

あ~、苺のショートケーキが食べたくなってきたv-274

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。