--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/07.Wed

イースター休暇-2010年

4月2日から5日まで、欧州のほとんどはイースター休暇になります。
日本で言うゴールデンウィークのようなもので、もう少し休みを取って旅行に出掛ける人も多いよう。

我が家はまだ3ヶ月のイブがいるので遠出はできないものの、せっかくドイツに暮らしているのだからと、車で1時間~1時間半で行ける場所に小旅行することにしました。

1日目 Bonn(ボン)
音楽家ベートーベンの生まれ故郷。
第二次世界大戦後から1999年までドイツ連邦共和国の首都として発展してきた大学町。
大学町なだけあってか、町の至る所に本屋さんがありました。

20100406-1
ベートーベンの生家

20100406-2
ミュンスター広場にあるベートーベン像

何か記念に残るものが欲しいな~と思っていると、お土産屋さんに、記念メダルが出てくる機械が設置されていました。
料金は1ユーロ5セント。
料金を入れ、機械に付いているハンドルをグルグル回すとメダルは出てくるのですが、なんとそのメダル、自分が入れた5セントで出来ているのです!!
(半端な料金だなーと思ったら!)
だからハンドルは結構重たく、腰を入れて回さないといけない始末。
流石、リサイクルに力をいれているドイツっぽい。
旅行した町の記念品として集めるのには手ごろな値段にサイズ。
今後はこのメダルを作ることにしようと家族会議で決まりました(笑)

その後、今晩宿泊するAachenへ移動。

20100406-3
NOVOTEL
インターネットで予約したけどきちんとベビーベッドが設置されており、感動した私たち。
お部屋は結構広くて、窓からの眺めも良く、チェックアウト時はイブにと縫いぐるみをくれたり、接客態度は花丸だったりと満足なホテル。
流石、4つ星ホテル。だけどお値段はリーズナブル。

2日目 Aachen(アーヘン)
欧州の中央にあり、ドイツで最も西に位置する。
温泉保養地として有名。

20100406-4
フリードリヒ・ヴェルヘルム広場の温泉噴出口
硫黄臭が漂っていました。

20100406-5
大聖堂
世界遺産なだけあり、圧倒される建物。

午後からは、Aachenに行くのならとお勧めされた三国国境ポイントへ。
ドイツ、オランダ、ベルギーの三国の国境。
教えられたようにナビを設定したくてもうまくいかず、通りの名前を設定してみたり、近くの町の名称を設定してみたり試行錯誤の上、やっと辿り着いたのでした。

20100406-6
旗の手前の石が国境ポイント。
欧州は陸続きで、車で走っていると「あ、ここから○○に入った!」とかであまり国境を意識しづらいけど、三国の国境ともなるとこうして観光客もわんさか!

1泊2日の小旅行はおしまいだけど、翌日月曜日も休暇だったので、日帰りできる場所に行くことに。

3日目 Koblenz(コブレンツ)
父なるライン川と母なるモーゼル川が出会う町。

20100406-7
左側を流れる川がモーゼル川で、その先の旗を境に奥に流れる川がライン川。

20100406-8
ライン川とモーゼル川の合流点、ドイチェス・エック。

20100406-9
古代から軍事的に重要な地理的条件が揃っていたため、町の周囲には大きな要塞がいくつもあったようで、ここはその中でも最大で堅固なエーレンブライトシュタイン城塞。

20100406-10
このモニュメント、最初は何か分からず通り過ぎたのですが、カフェでお茶している時にガイドブックを読んでいたら、ベルリンの壁の一部であることが分かり急いで戻ってパシャリ。


20100406-11
イースター関連お土産。
といっても買ったのは右下のクッキー(飾るためのもの?)のみ。
左下はイースターエッグ。茹で卵です。
イースター近くに町で買い物するとくれたりします。
スーパーでも売っていて、最初はこのカラフルさに気持ち悪くて手が出ませんでしたが、茹で具合がGoodで美味。
奥のうさぎはNOVOTELの朝食時にイブにくれたチョコレート。親のお腹に入るけど(笑)

20100406-12旅行を終え、家に帰ってきてお座りした時のイブ。
ジョーがカメラの後ろであやしてくれ、笑ったところをパシャリ。
やっとこんな笑顔の写真も撮れるようになったよ。









スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。