--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/18.Wed

妊婦のためのハープコンサート

今日一日は大忙しでした。
午前中は、今週から臨月(=10ヶ月目)に突入したため健診も週一になり、その健診に行ってきました。
10:30からの予約だったのにもかかわらず、今日は少々混んでいたのもあるし、受け付けの女性がいつもは二人いるのだが今日は一人で忙しく動き回っており、(これは推測だけどもう一人は遅刻したらしい。)そのせいで終了したのが2時間後。。。
今日はたまたま12:30から先輩ママ友とショッピングの約束をしていたので、病院が終わると大慌てで待ち合わせ場所へ向かうことになりました。

その先輩ママ友は、日本人クラブで主催していた、ドイツで出産経験のある人の座談会で知り合った女性で、とてもハキハキしていて話しやすく、おまけにキレイな人。
でもその方に出会えたのは、まだドイツに到着していなかった私の代わりにその座談会に出席してくれて知り合いになってくれたダンナのおかげなのです。ダンケ・シェーン!!
(聞くところによると、その座談会には妊婦さんしか出席しておらず、男性はダンナ一人。おまけに質問をしまくっていたらしく、ちょっとした有名人みたいデス。)

彼女には12月で1歳になる愛娘がいて、すっごく可愛い♡
でも育てている側からすればとても大変そうで、彼女からも、来年の今頃はこんなだよーって忠告されました。
聞きたかったベビー用品あれこれについて、実際にお店を回って説明してくれたので大助かり。
今後もお世話になる貴重な友達です。

そして17:30からは、妊婦教室の友達から誘ってもらった”妊婦のためのハープコンサート”に。
我が家から電車で10分くらいのところにあるTonhalleというコンサートホールでの開催でした。

tonhalle
↑Tonhalle

ハープの演奏を聴きつつ、途中にはマタニティ・ヨガっぽいものもしてくれ、おまけにハーブティのサービスもあって12Euro。
(写真に写っている赤いマットの上でヨガをしたり、ハープの演奏中は横になって聴けたりと、さすが”妊婦のため”だけありました!)

恐らく、ハープとフルートの演奏者二人も、妊婦だったと思います。

生の演奏を専用のコンサートホールでとてもリラックスした状態で聴け、かなり胎教には良かったのではないかと思います。
それにしても忙しかったけど、充実した一日でした。

tonhalle-2
↑サービスのハーブティと本日のコンサートメニュー

tonhalle-tiket
↑本日のコンサートチケット

スポンサーサイト
妊娠期 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
素敵~☆
今日も遊びにきちゃいました~(^o^)。日本では遠い存在のハープがドイツでは身近なんですね。素敵~。妊婦さんが大事にされてるなぁ。日本も見習え~~。旦那さんが質問しまくっている姿を想像して…微笑ましいなぁ(*^_^*)。あと1ヶ月ですね!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。