--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/20.Sat

手打ちうどん

ジョーが仕事のストレスで倒れてしまい・・・
当初は胃痛だし食欲もなく、心配でした。(今もだけど。。。)
病院に行ってからは、先生から「何か食べなさい」と言われ、無理矢理食べられるものと言えば、
『うどん』

最初は日本から持ってきた乾麺を使っていましたが、それも底をついてきたのでどうしたもんかと。
私が住むデュッセルドルフには日本人が多いので、アジア食材のお店があり、乾麺もそこで手に入るのですが、何せ高いのです。日本の2~3倍。ひどい時はそれ以上するものもある始末。

貧乏性の私は、よっぽどのものでなければ購入したくない性分なので、今回は幸い手作りする材料なら揃えられることもあり、初めての『うどん』作りに励みました~

こちら↓は、中力粉を作り上げるための薄力粉と強力粉。
20100219-1
左)強力粉 、 右)薄力粉

ドイツに来た当初、スーパーで見かけた小麦粉には多数種類があって、何が何だか分からず、お菓子作りを趣味にしている私としてはお先真っ暗って感じでした。。。
その後、パッケージに「Type 405」と書いてあるのが薄力粉で、「Type 550」が強力粉と知って一安心。

薄力粉と強力粉を1:1の割合で合わせて中力粉にしたものを、うどんには使います。
これに塩を混ぜ、お水を少しずつ加え捏ねていきます。
最初はまぁ~粉っぽいこと。
ひとまとめにするのが大変です。

ひとまとめしてビニール袋に入れて休ませたら足で踏んで再度捏ねます。
これで最初粉っぽかった生地は段々となめらかになっていくんですね~。
捏ねること15分。
なめらかになったら、あとは台に打ち粉(片栗粉)をして伸ばしていきます。

パンやお菓子を作ったことがある人はご存じでしょうが、生地を麺棒で伸ばすのって、グルテンが効いていれば効いているほどやりづらいのです。
うどんの生地も同じ。
薄く伸ばしていく作業は、腰を入れて全体重が麺棒に乗るようにしてやるんですが、汗が出ます!!

やっと薄くなって切れるくらいになるとゴールはすぐそこ♪
20100219-2
20100219-3

結構、細く切ったつもりでも、やっぱりそんなに薄くは伸ばせていなかったためか、結構な太さになりました・・・

あとは、たっぷりのお湯で茹でるだけ。
今夜はかけうどん。
具は、白菜と長ネギ。

20100219-4

見た目は普通ですが、やっぱり粉が外国産なので(うどん向きではないため)うどん独自の味はイマイチ。
ジョーは「美味しい」って食べてくれたけど、きっとお世辞・・・
とても他人にはおもてなしできない味でした。

でも、日本地粉を使って、塩も美味しいものを使って、そしてお水も、と材料にこだわれば、きっと美味しくできるのだろうな~と負け惜しみ(笑)


スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
何事も挑戦ですねv-218
すごいv-237
でも、だんなちゃん心配だねv-100
早く治るといいね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。