--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/10.Tue

停電

それは突然にやってきました。
夕食の準備をしていると・・・
突然に電気が切れ、家じゅう真っ暗。
私はキッチンにおり、イブはリビングに一人だったので、ちょっと怖くて助けを呼ぶほど。
最初はブレーカーが落ちたのかと思い、真っ暗な中、ブレーカーを確かめに行くも、全てONになっている?
取りあえず、蝋燭を点けようと、チャッカマンを取り出し、テーブルの上にあった蝋燭に火を灯しました。

20120109-01

こんな時、キャンドル文化がある国っていいですね!
クリスマス時期に購入しておいたキャンドルが、テーブルの上にずっと(火が灯される事がなく)待機されていました。
しかも、保存分もたっぷり!

まずは、どうして停電になったのか、停電の範囲はどうなっているのか知りたくて、ジョーに電話を。
ジョーの会社は何ともないとのこと。
ベランダからは、我が家の近隣の様子が窺えますが、やっぱり全ての窓が真っ暗な様子。
このマンション近隣だけ??

我が家の建物にはもう一組、日本人が住んでいるので、そこのお宅に連絡してみよう!
電話をかけようとしましたが、電話が通じません!!
(ジョーには携帯電話から電話をしたので、携帯のみ、通じたよう。)
仕方が無いので、真っ暗な中、1階に住むそのお宅へ行くことにしました。
ちなみに我が家は4階にあるので、いつもはエレベーターを使用しますが、停電なので、当然階段で。。。
呼び鈴まで、停電のため、鳴らない!!
ドアを叩いてみました。
「突然の停電で、怖いよね~」などという会話をし、お互いに心細さを話をして解消。
いつ復旧するかも分からない。

しばらくして、やっぱりこの状況が変わらないのであれば、取りあえず夕食だけは確保しなければならないと、もう一度、ジョーに連絡しました。
そして、ご飯を食べに行くつもりで、ジョーの会社へ車で行くことになったのです。

でもでも!!!
さあ、準備しようという時、突然に電気が点いたのです!
わぁ~!復旧した!!!

30分くらいだったでしょうか。
今回の停電は自然災害の為ではなかったようで、近隣以外は明かりがあったし、幸い、携帯電話も問題なく繋がったので、ジョーに連絡をしたり、下の階に住んでいる日本人の方とおしゃべりをして少し安心できたので良かったですが、こういうハプニングは本当に恐ろしいですね。
改めて、電気が使えない恐ろしさを味わいました。
スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
大変でしたねぇ~。イブちゃんもびっくりしたのでは!?灯りがあるとほっとしますね。キャンドルってステキ☆
なんて悠長なことその時は言ってられないですけどね~(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。