--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/04.Wed

クリスマス-2011年

もう新年に入ってしまいましたが、去年のイベント記録です・・・。

2011年のイベント締めくくりは、クリスマス・パーティ。
この年は、日本から大物ゲスト(!?)が我が家にやって来てくれました。
ドイツはなんと、今回で3回目になる、ちほりん。
バイリンガルな彼女は、世界中にお友達がいるし、とってもチャーミング。
そんな彼女のクリスマスは、クリスマスが街中をあげて大きなイベントと化すドイツを選んでくれました!
Danke!!

私も新年には第二子の誕生が待っているので、クリスマスデコレーションを張り切るのは2011年中にと思い、張り切って手作りデコレーションをしましたよ。
といってもやっぱり、センスがあまり無いので思うようにはできませんでしたが・・・

20111225-01
左側にある赤いローソクのリースは、ドイツでは有名な、ヴァイナハツ・クランツ(クリスマス・リース)。
クリスマスを迎える4週前の日曜日から、日曜日毎に1本ずつローソクの火を灯します。
後ろに飾ったトナカイの絵がある箱は、アドベント・カレンダー。
クリスマスを迎えるまで、1日ずつ、その日の窓を開けてチョコレートをいただきま~す!
(でも実際は、イブが見ていると欲しがるので、なかなか窓が開けられず仕舞いでした・・・)
そして右端にあるのは、お菓子の家。
ドイツでは、ヘクセン・ハウスといいます。直訳すると、魔女の家。
だから、街中で売られているヘクセン・ハウスのドアの前には、魔女が立っています。
私はサンタさんを立たせました。(家は一応、手作りです。)

20111225-02
ちょっと見づらいですが、左下に掛けてあるフェルトは、これもアドベント・カレンダー。
去年、イブのために手作りしました。
こちらは1日毎に、クリスマスツリーへ、オーナメントを飾っていくもの。
これならイブにもやらせてあげられます!
そして上に吊るしてある数字が書いてある飾りも、アドベント・カレンダー。
これは売りモノですが、可愛くてついつい買ってしまいました・・・(ちゃっかり、セールで。)
右端に飾ってあるのは、リース。
手作りしてみましたが・・・やっぱり、センスのかけらもない感じ・・・。

24日のクリスマス・イヴには、料理だけちょっと豪華にしました。(ちほりんもいてくれたので豪華料理が作れました!)
20111225-03
奥:鯛の香草焼き
手前:手長海老のリングイネ
手長海老は、日本ではなかなか見かけない食材!やっぱり出汁が効いて、美味しい♡

そして迎えた25日の朝。
リビングに飾ったクリスマスツリーへイブと一緒に行くと・・・
わお!!!
映画で見たような、ツリーの下にプレゼントが!!!
まさかっ サンタ・・・さん??
はい、ちほりんサンタがやってくれましたよ~ もう、にくい演出。
20111225-04

20111225-05
これらは、イブへのプレゼント。
お腹の赤ちゃんへのプレゼントまで!
勿論、ジョーや私へのプレゼントまでありました♪
言っても足りないくらいのDanke☆

20111225-06
ディナータイムには、アドベント・クランツに火を灯しました。
ローソク文化のある海外ならでは、という感じ。

20111225-08
そしていよいよ、乾杯です!
かなり贅沢に、シャンパンを購入(こちらも、ちほりんサンタさんから♡)

20111225-07
前菜の野菜スティック、バーニャカウダー添え。
奥は、茹で卵の上にはキャビア・クリームが乗っています。
キャビアといっても、「たらこ」のようなものなんですけどね・・・

20111225-09
メイン・ディッシュは、鶏の丸焼き!
初挑戦。
鶏一羽を買うのも初でした。
ドイツ人は、ガチョウ1羽を料理するようですが、さすがに日本人の私たちには大きすぎて・・・
実際、鶏一羽を4人の大人とイブで食べましたが、残ってしまい、翌日はグラタンに変身したくらいでしたから。
パスタには、ボンゴレを。
こちらも出汁がよ~く染み込んで美味でした♪

20111225-12
左:ちほりん(断りも無く掲載、ゴメン!)
右:イブ
鶏の丸焼きの真似です~♪ 可愛い~

20111225-10
この日のイブの食欲はすごかったです!
ボンゴレパスタも、鶏の丸焼きも、「もっと、もっと」と言わんばかりに。
こんなに大きな口を開けて、ひな鳥のようにせがんでいました。
やっぱり、大人用の味付けの方が、いつもの薄味料理より、美味しいよね・・・

20111225-11
締めのデザートは、ちほりん作。
もともとちほりんと出会った場所でもあったケーキ教室のレシピ。
プレゼント・ボックスという名のケーキなのですが、肝心のリボンに見立てるデコレーションは、ドイツでは出来ません・・・。
なぜなら、脂肪分が低すぎる生クリームなので、デコレーション(絞り出し)が出来ないのです。
仕方なく、デコレーションにはアラザンと各種ベリー類を散らばらせました。
プレゼントボックスではなく、宝石箱のようになりましたよ!先生^^

2011年のクリスマス・パーティは、ちほりんのドイツに住むお友達(日本人)も飛び入り参加してくれ、賑やかになりました!
家族だけのパーティもいいけれど、お友達も呼んでの賑やかなパーティは楽しかったな♪
あっという間にクリスマスが終わってしまって、あとは新年を待つばかりとなったのでした。
(でもその前に、前回のブログで紹介したようにハプニングが起っちゃいましたケド・・・)









スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。