--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/11.Sun

葉加瀬太郎コンサート

この間の月曜日(5日)、今年度初めての雪(といってもみぞれっぽく、すぐに止みましたが)が降りました。
朝は天気が良かったのに、お昼過ぎから雲行きが怪しくなったと思ったら大雨で、そのうち雪交じりに・・・
そんな悪天候の日、日本人による音楽会が開かれ、ジョーの「イブは見ているよ」という優しい言葉に甘え、行くことにしたのです。

20111105-01

こちらのコンサート、Dusseldorfでは主に、オペラとかバレエとかが開催されるオペラハウスでの開催でした。
だから、悪天候なので最初は長靴で行こうかと思いましたが、さすがにオペラハウス・・・
ブーツにして正解でした!(笑)

中の様子はこんな感じです。
20111105-02

20111105-03

私は3階席だったので、ちょっと見づらい席。
でも肉眼だと、葉加瀬太郎はちゃんと見えました~
1階席には奥さまが座っていらしたそうですが、この位置からだとやっぱり見えませんでした。残念。。。

一番初めの曲は、日本人なら誰もが(私世代以前だけ??)耳にした事がある曲。
『見上げてごらん夜の星を』(坂本 九)でした。
海外に住んでいると、特に日本の名曲が心に響きます。

前半は、ピアノとの共演で、全5曲。
プログラムを見ると、恐らく、うち4局は葉加瀬太郎の作品なのかしら・・・?

そして後半はクリスマス・メドレーから始まり、TBS系「情熱大陸」のエンディングテーマが演奏されたり、ラスト2曲に至っては、クラッシックにそんなに興味の無い私でも一度は耳にした事のあるくらい有名な曲でした。
ラスト2曲が始まる前に、葉加瀬太郎は、「心ばかりのアンコールを用意しています!」なんていうお茶目なコメントを残していたので、私達観客は終わっても拍手で彼を迎えました。
(勿論、観客の私たちは、心を込めてのアンコール!)

アンコールの曲は、NHKの朝の連続ドラマ「てっぱん」のテーマソング。
『ひまわり』
この曲には彼にとって、心に刻まずにはいられないエピソードがあるそう。
丁度、東日本大震災が起こってしまった時に、そのドラマは放映されていたようで、その震災の影響で、一週間、放送が中止になっていたよう。
その後、ドラマは再開されたようなのですが、それと同時に、彼の元にたくさんの方々から手紙を戴いたようです。
内容は、「いつも聴いていた曲がまた聴けて嬉しい!」とのこと。
日常、何でも無い普通の事が起きるって、いつもは気づかないけど、変化が起きると、”素晴らしい事”だったと気づかされますね。
健康体でいることが普通と思っているけど、病気になると、健康のありがたさが身に染みるのと一緒。
本当に、普通の出来事って大事なんですね。
なんだか、ジーンと感動しちゃいました。
改めて、『ひまわり』を、この夜、私の心に刻みました。

とっても寒い夜でしたが、心が温まるコンサートだったと思います。
クラッシックな曲が多かったのですが、葉加瀬太郎のお茶目なトークや、有名な曲も挟んでくれて、とても楽しく、カジュアルな感じで聴けた感じがします。
それもこれも、イブをみていてくれたジョーのおかげですね!
改めて、感謝です。

スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。