--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/07.Wed

Weihnachats Markt (バイナハツ・マルクト) -Koln-

先週に引き続き、今週末もちょっと足を延ばして、クリスマスマルクト探検。
今回は、Dusseldorfから車で約30分ほどのところにある、Koln(ケルン)へ行きました。
ここには、世界遺産のDome(大聖堂)があります。
私たちがドイツに来た当初、日本から遊びに来てくれたお友達と一緒に行ったのが最初だったのですが、その大聖堂を間近で見た時は、身が引き締まるような(ちょっと表現が見当たらない・・・)感動を覚えました。
それはそれは凄いオーラを放っているのです。

その大聖堂の目の前に、マルクトが開催されていました。
20111204-01
背後の建物、なんだか”絵”のようですが、本物を見るともっと凄さが伝わります!

20111204-02
頭頂部が切れてしまっていますが、大聖堂はこんな感じ。
左側の棟には階段で(階段のみしかありません)昇る事が出来ます。
イブを妊娠中(しかも8ヶ月か9ヶ月の時!)に昇ったりしちゃいました~

私たちが到着したのはお昼に丁度良い頃。
花より団子の私は、さっそく腹ごしらえのため、鼻を利かせましたよー(笑)
そして見つけたのがコチラ↓
20111204-03
その名も、バーベキュー。
といっても、ドイツのバーベキューは豚肉が定番。
串刺しにされた豚肉を、炭焼きにし、それをパンに挟んで食べます。
先週のEssenでのマルクトでも、同様のものをイブは喜んで食べてくれたので、これもイケるかと予想もして、購入。
ちょっとイブには噛み切れない硬さのお肉でしたが、頬張って食べていました!
(ちなみに、家族で1つしか購入していませんー)

ここケルンのマルクトは、大聖堂前と、他にも5か所にて、開催されているようでした。
さっそくインフォメーションセンターへ行って地図をもらい、開催場所を確認。
ジョーが、船上や、天使のマルクトがあるらしいと、情報を持っていたので、それを頼りに、そして地図を照らし合わせて行ってみることにしました。

こちらはAltstadt(旧市街)で開催されているマルクト。
20111204-04
小さなメリーゴーランドや観覧車が設置されていて、全体的なデコレーションも子供向けな感じで可愛らしかったです。
この入口付近にあった屋台に、すったじゃがいもに小麦粉を混ぜ、油で揚げた天ぷらのような、ドイツでは有名な軽食があるのですが、すごい行列を作っていました。
ちょっと覗いてみると、他店のは薄いのに対し、ここのはふんわり厚みがあって確かに美味しそう!
私も食べてみたい気がしましたが、行列に並んでまでは・・・ということで、断念。

そして船上のマルクトへ移動。
20111204-05
ライン川に浮かぶ船に、マルクトがすっぽり入っていました。
入ろうとしたのですが・・・入場料がいるとのことで・・・断念・・・
(貧乏性の私・・・)

そして最後に向かったのは、ちょっと離れた場所に設置されていた天使のマルクト。
20111204-06
ちょっと見づらい画像ですが、『Markt der Engel』と看板が設置されています。
ドイツ語の名詞には全て定冠詞に性が付いています。
男性、女性、中性と。
このderという定冠詞、男性名詞を表しているのですが、天使って男性なんだ~と改めて感心。
本来、どちらの性を持つのかは知りませんが、天使って女性のイメージだったからちょっと不思議な感じです。

ここのグリューワインのカップは、天使が描かれていました!
きっと毎年違ったデザインの天使のカップが使われるのでしょうね。

他2か所にも設置されていましたが、時間的に余裕が無く、今回はここまで。
実は、ケルンのマルクトには、お友達から可愛い(私が気に入った)置物が売っていたと聞いていたので、行ってみたかったのもあり、それを探していたのですが、見つからず・・・
でもどうしてもお土産が欲しくて、木で作られた木馬の置物を購入しました。
木製のものってドイツっぽいし、ぬくもりがあって好きです。

今回、ジョーは具合が悪いにもかかわらず、マルクトに付き合ってくれたのでした。
ありがとう!






スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。