--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/14.Fri

今だけのお楽しみⅡ・・・(ロンドン)

今回は、ロンドン紀行です。

結婚前は、一年に一回は必ずと言っていいほど、海外旅行に明け暮れていた私。
初めての海外は、USA(ロサンゼルス)でした。
ヨーロッパへもいろいろ行った事はあったけど、英国には足を踏み入れた事は無かったのです。
しかも、ハワイも行った事のない私・・・。

初めての英国、そしてロンドン。
でも英国の私のイメージは「暗い」「寒い」とあまり良くなく、だから今回もあまり予習をせずにいたのですが、これが大外れ。
一人旅とは違って、今は行きたい所に行けない状況だけど、もっと予習しておけばよかったと思う位、ロンドンには見どころや名所がたくさんありました。

でも、今回の目的の一つは、先日のクルージングで出会えたご家族との再会だったので、それが果たせただけでも大満足の旅行でした。

20111007-01
ホテルでの一こま。
全く違和感のない写真ですが、イブの足元にご注目。
これ、私のブーツ!
一人で履いたんですよ~

20111007-02
英国初の私は、この英国ならではのタクシーに興奮。
あまり良い写真ではないので、分かりにくいですが、かっこいい!
客席は広くて、ベビーカーがそのまま入るらしい。

20111007-03
そしてこのロンドン・バス。
やっぱり二階建て!!
こんな二階建てバスが公共のバスだなんて、ロンドンっ子には普通なんだろうけど、目を奪われました。

20111007-05
携帯電話が主流の世の中、公衆電話なんか使われていないだろうに、こんな公衆電話が街の至る所に。
可愛いな~♡

20111007-04
クルージングで出会ったご家族の双子ちゃんと一緒に記念撮影。
イブとは半年違い。
イブは場所見知り&人見知りが激しいけど、この双子ちゃん達はいろんなものに興味津々で、ジョーや私、イブの所に行ったり来たり。
ご夫妻には、近所の美味しいパブに連れていってもらったり、リージェント・パークの近所に住んでいるので、公園を散歩したり、近所の美味しいケーキ屋さんのケーキをご馳走してもらったりと、本当にお世話になりっぱなし。
やっぱり旅行は、地元の人がいると、本当に心強いですね~
Yさんご家族、ありがとうございました!!
今度は是非、我が家へ遊びに来てください~

20111007-06
二日目は、観光三昧でした。
行きたいお店に行くも、日曜日は開店時間に限りがあり、ほとんどがお昼からの開店。
私たちは早くから出掛けたので、閉まっているお店がほとんど・・・
お昼はYさん夫妻から教えてもらった飲茶をほおばり、またショッピングをして15時ごろに、英国と言えば、アフタヌーンティ。
お腹は空いていなかったけど、ちょっと奮発して楽しんでしまいました。
本当はゆっくり紅茶を飲みながら・・・なんだろうけど、イブは大騒ぎだし、後に控えた観光名所も回らなければ・・・で、無理矢理食べた感じでした。

食べたり、ショッピングしたり、せっかく観光名所がたくさんの英国なのに・・・
時間も限られていることから、これらだけは行こうと前夜に決め、向かったのは。。。

20111007-08
↑これ、何だと思いますか?
橋ですけど・・・。

20111007-07
そう、ロンドン橋!
ローンド橋、落ちた~♪の歌で有名ですね。
でも実際のロンドン橋は、こんなにシンプル。

そのひとつ向こうにある橋はポストカードにもなるくらい絵になる橋があります!
20111007-09
これの方が、ロンドン橋って感じがしますね(笑)
これは、タワーブリッジといいます。
間近で見るともっと綺麗で圧倒されます。
素敵でした。

20111007-10
そしてもう一つ。
ビッグ・ベン(時計台)と、ロンドン・アイ(観覧車)。
これらは夜景が素敵との情報があったため、この時間帯に見たかったのです。
丁度、ライトアップされ、写真を撮り、ここを後にしました。(写真用に行ったみたい!)

それから、それから。
帰る前に、英国名物を食べてみたいと、結構歩き回って見つけたお店で食べた物は、
20111007-11
フィッシュ&チップス。
想像していたのよりかなり大きい!
ポテトの太さも、豪快です。
でも美味しいと言う訳ではないんです・・・。(お店によっては美味しいのかもしれないけど。)
話のネタに食べました。

もっと、もっとたくさん見どころはあっただろうけど、子連れ旅行には限界があります。
でも、行きたかったところには行けたような気がするし、お友達にも会えたし、思い出深い英国旅行でした。
また英国に行きたいけど、いつになるかな・・・。






スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。