--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/13.Fri

ちほりん来独-第二弾!

4月下旬の話です・・・(ブログの更新をサボッていましたー!)

日本から友達が遊びに来てくれていました。
実は今回が二度目。
一度目は去年の秋。そこではお財布を掏られたり、英語が通じなかったり(バイリンガルだから発音の問題ではなく~)あまり良い思い出がなかったようでしたが、少しずつ気に入り、美味しいものに目が無い彼女への最終兵器、『5月には美味しいホワイトアスパラガスや苺が出回るよ~』と洗脳したおかげで?、絶対また来るね、という公約を守ってくれての訪独でした。

もちろん、毎日、ホワイトアスパラガス祭りに花が咲きました!
彼女はお酒も嗜むので、ジョーには最高のお相手!

ドイツには二週間の滞在でしたが、そのうちの一週間は別のお友達のところへ。
仕事がグローバルなら、お友達もグローバル。
世界中を旅行しても、各地にお友達がいるっぽい。

我が家に戻ってからは、ショッピングしたり、デュッセルに移り住んだ友達と遊んだりして楽しんでいた様子。
せめて一日位は、我が家全員と日帰り旅行したいという思いが両者にあり、この時季にはもってこいの“ライン川下り”をしたかったのですが、スタートとゴールは別の場所になっており、そこへ行くのに(船が到着した帰りも)公共交通機関を使うのは時間的余裕が無いため、泣く泣く“ライン川下り”は諦め、そのポイントにもなっているリューデスハイムへ行くことにしたのです。

実は、リューデスハイムの観光ポイントはデュッセルドルフから車で行くと、川向うになるため、あと約1km地点で車のナビが「船に乗ってください」なんてアナウンス。
私達、一斉に「・・・えっ!? 船って言った???」
まっさきに疑い(笑)、船乗り場を通り過ぎて車を走らせるも、道は細くなるし、途中で歩道を走っちゃったりして、この先も怪しい雰囲気。
やっぱりナビを信じようと、Uターンして乗り場へ戻りました。

20110504-1
この渡し船が無いと、観光ポイントへ行けないのだから、良い商売よね~(笑)

20110504-2
通称、つぐみ横丁(Drosselgasse)
両脇には多くの酒場が密集し、夜になると生バンドの演奏をバックに、客はダンスやゲームで盛り上がるようです。

20110504-3
リューデスハイムは、フルーティーな味わいの白ワイン(リースリング種)の生産でも名高く、街にはワインケラーなどがたくさんあります。
きっとこれも、そんなワインケラーから瓶詰めしているんでしょうね~(予想:笑)

20110504-4

20110504-5

街の後背のなだらかな丘の斜面には、緑の絨毯のようなブドウ畑が広がっています。そこを見下ろせるようになっているゴンドラに乗り、丘の上から臨むライン川は絶景でした。

20110504-6

この日のイブ。
先のブログで『歩いた』記事を書きましたが・・・
実はその後は、親の期待を裏切り、手放しでは歩いてくれないのです。
でも歩くのは大好きなようで、親の手を引いて、歩きまわっていました。

20110504-6
ライン川下りのルートマップ。
みんな考える事は一緒!?
リューデスハイムのポイントだけ、ペンキが剥がれていました。
(写真で見えるかな? 左から5つ目の赤い丸)
みな、そこを指差して写真をパチリなんですね~
(勿論、私達もやりましたよ!)

長いようであっという間のちほりん滞在。
今回も前回同様、日本からたっくさんお土産やら私たちの要望を運んできてくれたりして、感謝しきれませんでした。
そしてまた、「絶対にまた来る」と公約してくれたので、次回はクリスマス時季に会えるのを期待していま~す

PS. ちほりん、いろいろ書いちゃってゴメンね~(笑)
スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
ありがとう
何度言っても伝えきれないほど、本当にありがとう。最初去年初めてドイツの地を踏んだ時は、もぉ~英語も通じないし、ドイツ人は愛想ないし、いやぁ~ってブーブー言ってたのに、なぜかドイツの魅力にハマってしまいました。今回は春の味覚、シュパーゲルを堪能!ますますドイツにFall in Love~また年末に絶対行くのでよろしくね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。