--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/10.Thu

Heidelberg(ハイデルベルク)旅行

3月の初旬、こちらドイツ(特にライン川周辺)ではカーニバルシーズン真っ只中。
毎年、日にちは違うようですが、今年は3月7日(月)はローゼンモンタークといって、直訳するとバラの月曜日という祝日があり、お祭りモード最高潮になる日があるのです。
市民のほとんどは仮装して町を練り歩いたり、派手に飾られた巨大な山車なんかも町中を走ったりします。

・・・とデュッセルドルフはこんなお祭りがあったのですが、我が家は貴重な三連休を、旅行してきました。
今回は、近場のHeidelberg(ハイデルベルク)。
先週はジョーが体調悪くしていて、この月曜日の祝日も、本当に会社を休めるかハッキリしないのもあり、ギリギリまで旅行の計画が立てられなかった、というのも近場にした理由。

土曜日のお昼に出て、夕方前に到着し、ちょっと街を散策してから夕食タイム。
ガイドブックに載っていたレストランへ行きましたが、今まではガイドブックには裏切られることが多かったのに、今回は当たり!
ジョーはご満悦でした。

20110305-1
すぐ隣が醸造所なので、新鮮なオリジナルビールが飲めるのです。

20110305-2
帰り際に見た、ライトアップされたハイデルベルク城。
夜景モードにしなかったせいか、ピンボケ・・・(涙)

翌日は寒かったけど、観光に適した快晴でした。
まずはハイデルベルク城へ行くため、ケーブルカー乗り場へ。

20110305-3
ハイデルベルク一日券というのを購入すると、こういう観光名所の代金が割引になったり無料になったりするため、インフォメーションセンターへ向かうも、なんと!日曜日はお休みでした。
あり得ない!!

20110305-4
ケーブルカーで登った先に、お城が佇んでいます。
そこから見た景色。
奥に見える橋は、初めて石で造られた橋だそう。

20110305-5
こうして現在に至るまで残されているお城は、見ごたえ十分。
もちろん修復はしているものの、地震という自然災害が無いドイツならではですね。

20110305-6
哲学者の道、という心臓破りの坂道を登っていくと、こんなに素敵な景色が待っています。
イブを乗せたバギーを押しながらの坂道は、本当に、心臓破りでした~

20110305-7
今までグッスリ熟睡中だったので充電完了!

素晴らしい景色を堪能した後は、お待ちかねの(笑)お茶タイム。

20110305-8
10数年前に初めてドイツ旅行した時も、名物として売られていたような気がしますが、
「スノーボール」というお菓子。
ミスタードーナツでも、一時期売られていました。でも、生地はほとんど甘く無くって不評だったような・・・
今回食べたものは、周りにたっぷりとソースがコーテングされていて甘さ満点でしたけど。

20110305-9
カール・テオドール橋。
今の橋は5代目だそうですが、1788年に造られた石橋。

この橋と、お城(山)と、川が、絶妙な景色を作っており、何度見ても美しく、心洗われました。
快晴、というのもポイント高し!でしたね。





スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。