--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/09/11.Sat

桃は見かけによらぬもの

もう日本は時季的に、「桃」は終わって「梨」って感じでしょうか。

私、桃が大好きで、渡独する時に、きっとドイツでは日本のような甘い桃が食べられなくなると思い、食べ尽くしてきたのです。
でも一年経つと、その味覚も忘れてしまい、でもこちらでも日本と同じように、桃が売られていることを知り、先日購入してみたんです。

見かけは日本と同じ桃
・・・なのに切ってみたら「黄桃」でした。
日本では「黄桃」の方が珍しく高額。
ケーキとかに使うのなら、黄桃の方が身がしっかりしていて甘酸っぱいので向いているかもしれないけど、そのまま食べるのにはやっぱり「白桃」!
やっぱり無理なのかしら、ドイツでは、と思っていました。

でもでも、お友達から耳より情報。
ちょっと平べったい桃、売っているでしょう? アレ、意外と甘くて美味しいらしいよ!と。

うん、うん、売っている!
あの怪しい形、皮なんて剥きづらそう・・・
という先入観で、買わずに避けていましたが、そのお友達の言葉を信じて購入してみました。

20100911-3

写真の撮り方がイマイチで、伝わりにくいかもしれませんが、相当平べったいのです。
日本の桃を上からぺしゃん!ってつぶした感じ。

でも皮は日本の桃よりも剥きやすいし、なんといっても、味が濃くて甘~いのです!!
あー、なんでもっと早くから購入していなかったんだろうと、かなり後悔するくらい、美味しい♪

人は見かけによらぬもの、と言いますが、フルーツもですね~

スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ほんとだぁ~。
スーパーに並んでいてもちょっと手が出しずらい形だねー
見かけに騙されちゃいけないのねー
日本でも売れ残りを試してみるかv-218
まー売れ残りもたまには美味しいものだよねぇ~
ここにも一人余ってま~すっとv-411
なんじゃこりゃ 
という衝撃を受けました。ドイツでは平べったく育つのか~。不思議だなぁ~。
私も桃大好きです 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。