--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/31.Sat

年末のハプニング

あともう少しで2011年が終わりますね。
今年はイブが少しずつ成長していってくれ、結構落ち着いた生活が送れるようになってきたと思います。
落ち着いた生活というのは、食事をまともに取れるとか、夜にぐっすり睡眠が取れるとか、そんな些細な事ですヨ!(笑)

そんな中、また私のお腹の中に新しい命が誕生してくれ、記念すべき年にもなりました。
一方・・・悪阻がひどくって、もう臨月近いというのに、まだ尚続く悪阻・・・(大分、ラクになりましたが。)

いろいろと山あり、谷ありの一年でしたが、それを締めくくる12月のハプニングです。
12月の週末は、楽しみといえば、クリスマス・マルクト巡り!
毎週楽しみに計画、そして実行してきました。
マルクトは、クリスマス・イブ前(23日)までしかやっていない所が多く、よって、最後の週末は17日、18日となります。
しかも、土曜日は大抵、家の掃除やら、買い出しやらで潰れてしまうので、日曜日のみ。
18日は、今年行きたいと思っていた場所を大事に取っておきました。

なのに・・・
実は、イブが発熱してしまい、結局行くことが出来ませんでした。
発熱は17日の夕方から。
この日も出掛けていたのですが、出先ではちょっとぐったり気味。
熱を計ると、39度近く!!
こちらの小児科では、38度5分以上の熱が出ると、解熱剤(座薬)を入れるようにと指示があります。
まあまあ食欲はあったので、座薬は投与せず、寝かしつけることにしました。
でも、夜中に体や顔を触ってみると、なんだか熱がどんどん上昇しているような気が。
体温を計ってみると、39度超え!!
もう座薬に頼るしかありません。
そのおかげもあってか、朝には熱が下がってきていました(37度5分くらい)。
でも、前日に発熱していたし、やっぱりクリスマスマルクトはお預け・・・
でもでも、私は日本からお友達が遊びに来てくれているので、お友達と二人で出掛けることにしました。
しかし・・・
マルクトの場所につくなり、電話が鳴りました。
イブがまた高熱を出したので、緊急病院へ連れて行くとの、ジョーからの連絡。
私は急いで、家へと戻りました。(もちろん、マルクトは見る事も無く。)
結局、気管支炎との診断。
薬(抗生物質)を処方してもらい、火曜日にはホームドクターの小児科で診てもらい、今は元気を取り戻しました!
でも本当に、心配でした。
こんなに高熱が続くのは初めてだったし、大きな病気一つせずにここまで成長してくれたので、健康の有難味を、改めて感じたのでした。

もう一つ、これは30日の出来事。
こちらドイツでは、恐らく排水溝の設備が日本のように整っていない為か、車の洗車は、家のガレージではできず、ガソリンスタンドへ行ったり、洗車場へ出向かなければなりません。
そのためか、なかなか足を運べず、年末の今になりやっと洗車することに。
そして年末だから、車内清掃もバッチリ済ませました。
さて、帰ろうかと言う時に・・・
あれ?エンジンがかからない!!
何度挑戦しても、かからない!!!
仕方なく、ガソリンスタンドの人を呼んできて見てもらうと、バッテリー切れとのこと。
何故???
そしてどうしようもできない(ガソリンスタンドではバッテリーの交換ができない)ので、ADAC(日本でいうJAF)を呼ぶことにしました。
待つ事1時間30分・・・
車内はエンジンがかからないので暖房が付けられず寒く、待っている時間というのは通常感じるよりも長く・・・
途中でトイレにも行きたくなり、せっかくガソリンスタンドだったのだからと、コンビニのような店内に入って待つことにしました。(最初からそうすれば良かったな・・・)
やっとADACの車がきて、見てもらうと、やはり原因はバッテリーのよう。
なんと、使っていたバッテリーは11年前のものだったのです!!
よくもまあ、もってくれていた事。
しかも、家の近所のガソリンスタンドで、こんなハプニングが起こって、思えばラッキーな位だったかも。
結局、バッテリーを新しいのに交換してもらい、エンジンも無事にかかりました。
本当に、良かった~♪

ここまで更新を溜めていると、次回予告ができますね(笑)
次回はクリスマスの出来事です。
(更新は間違いなく、2012年に入ってしまいますが・・・)

それではみなさん、良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(1) | Trackback(0)
2011/12/31.Sat

ジョー&イブのお誕生日

12月の上旬の話です・・・(更新、遅っ!!)

ジョーも、イブも、お誕生日は12月。
5日違いなのです。
しかも12月はクリスマスもあるから、大忙し~!

こちら、ジョーのお誕生日。
20111207-01

彼の大好物、お寿司がメインディッシュ。
日本だったら回転寿司程度の(←ちと失礼・・・)日本食屋さんで購入。
でもドイツでは美味しく感じられるのです!
しかも、私は料理しなくてもよいという嬉しさも重なりました!!
私が用意したのは、お誕生日ケーキのみ。
日本だったらこの時期から苺が出回りますが、こちらドイツの苺の旬は、5~6月。
そう、ビニールハウスでは育てないドイツならではの旬の時期。
苺の代わりに・・・ブドウです・・・ 色だけ似ている(笑)

そして5日後にイブのお誕生日をしました。
20111207-02

イブの大好物は、「うどん」。
野菜たっぷりの煮込みうどん。
イブは肉や魚よりも、断然、野菜が大好き。
ちょっとは動物性たんぱく質を摂取して欲しいと、母は思うのですが・・・
そしてケーキも用意しましたよ。
デコレーションしたのは、ブラックベリー。
ドイツで出回っている生クリームの脂肪分、日本よりもめちゃくちゃ低脂肪。
一番高くて、33%・・・
デコレーションしにくい、しにくい!!
でも子供用にはうってつけな脂肪分かもしれません。
イブに作ったのに、ほとんど食べませんでした・・・ ガックリ。

20111207-03
ばぁばから届いた、バースデイ・カードに大喜びのイブ。

本当はこの記事、旬な時期にアップするはずだったのですが、いろいろとハプニングがあり、、、今になってしまいました。
そのハプニングとは、次回アップします。(もう新年になっちゃうな~・・・)
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/13.Tue

Weihnachats Markt (バイナハツ・マルクト) -Monschau-

今回の週末は、お友達から「行ってみたかった!」と話を聞き、私も行きたくなった場所へ行くことにしました。
Monschau(モンシャウ)は、ガイドブックには載っていないような秘境のよう。
我が家から車で1時間強の場所。
ちょっとワクワクして行きました。

あと10Km強で到着というところで、大渋滞に巻き込まれ、「えっ?こんなところから大渋滞??」なんて思っていましたが、車が進んでいくにつれ、単なる道路工事でのことと分かり、ちょっと安心。
でもでも~
予定していた駐車場は満車で入れられず、もう少し先へ進まざるを得なくなり、結果的には現地から10分ほど車を走らせた場所に停めることに。
そして、現地にはシャトルバスで行くことになったのです。

20111111-01

20111111-02

この川と、それに沿って建てられている建物(木組みの家)が、とっても風情があり、私は感動。
なんだか、南ドイツの風景に似ていると感じました。
(私の住む西とか北ドイツにはなかなか見られない風景かな、と。)

そしてやっぱり食べ物へ走ります(笑)
到着時は1時近くなってしまったので、腹ごしらえにどこでも売っているホットドックをパクり。
それで少し落ち着かせて、次なるは食べたいと思っていたものに出会えました!

20111111-03

20111111-04
写真上:目当て料理の名前『Schaschlik(シャスリック)』 日本語訳:シシカバブ
写真下:そのシャスリック。
     以前、Essenのマルクトで出会って以来、美味!と恋い焦がれ(笑)、イブも大好き。
     この半分は、イブが平らげちゃいました~

腹ごしらえができたので、ちょっと街を散策。
木組みのお家が多くて、素敵。

20111111-05

寒く無ければ、もっとゆっくり街を散策出来たのですが、寒すぎてゆっくり回る事が出来ず、そしてやっぱり早めに帰らないとすぐに暗くなってしまう為、見物もそこそこに、あとはスイーツとグリューワインを食べて飲んで帰ろうということになりました。

20111111-06

と、帰り際に、音楽隊に遭遇。
生演奏を前に、イブもうっとり。(←たぶん・・・)

20111111-07

そして、スイーツも忘れません!
ベルギーとの国境が近い街のためか、ベルギーワッフルが売られていました。
粉糖だけのトッピングですが、焼き立ては美味しい♪
イブもきっと大満足だったことでしょう。





ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/11.Sun

葉加瀬太郎コンサート

この間の月曜日(5日)、今年度初めての雪(といってもみぞれっぽく、すぐに止みましたが)が降りました。
朝は天気が良かったのに、お昼過ぎから雲行きが怪しくなったと思ったら大雨で、そのうち雪交じりに・・・
そんな悪天候の日、日本人による音楽会が開かれ、ジョーの「イブは見ているよ」という優しい言葉に甘え、行くことにしたのです。

20111105-01

こちらのコンサート、Dusseldorfでは主に、オペラとかバレエとかが開催されるオペラハウスでの開催でした。
だから、悪天候なので最初は長靴で行こうかと思いましたが、さすがにオペラハウス・・・
ブーツにして正解でした!(笑)

中の様子はこんな感じです。
20111105-02

20111105-03

私は3階席だったので、ちょっと見づらい席。
でも肉眼だと、葉加瀬太郎はちゃんと見えました~
1階席には奥さまが座っていらしたそうですが、この位置からだとやっぱり見えませんでした。残念。。。

一番初めの曲は、日本人なら誰もが(私世代以前だけ??)耳にした事がある曲。
『見上げてごらん夜の星を』(坂本 九)でした。
海外に住んでいると、特に日本の名曲が心に響きます。

前半は、ピアノとの共演で、全5曲。
プログラムを見ると、恐らく、うち4局は葉加瀬太郎の作品なのかしら・・・?

そして後半はクリスマス・メドレーから始まり、TBS系「情熱大陸」のエンディングテーマが演奏されたり、ラスト2曲に至っては、クラッシックにそんなに興味の無い私でも一度は耳にした事のあるくらい有名な曲でした。
ラスト2曲が始まる前に、葉加瀬太郎は、「心ばかりのアンコールを用意しています!」なんていうお茶目なコメントを残していたので、私達観客は終わっても拍手で彼を迎えました。
(勿論、観客の私たちは、心を込めてのアンコール!)

アンコールの曲は、NHKの朝の連続ドラマ「てっぱん」のテーマソング。
『ひまわり』
この曲には彼にとって、心に刻まずにはいられないエピソードがあるそう。
丁度、東日本大震災が起こってしまった時に、そのドラマは放映されていたようで、その震災の影響で、一週間、放送が中止になっていたよう。
その後、ドラマは再開されたようなのですが、それと同時に、彼の元にたくさんの方々から手紙を戴いたようです。
内容は、「いつも聴いていた曲がまた聴けて嬉しい!」とのこと。
日常、何でも無い普通の事が起きるって、いつもは気づかないけど、変化が起きると、”素晴らしい事”だったと気づかされますね。
健康体でいることが普通と思っているけど、病気になると、健康のありがたさが身に染みるのと一緒。
本当に、普通の出来事って大事なんですね。
なんだか、ジーンと感動しちゃいました。
改めて、『ひまわり』を、この夜、私の心に刻みました。

とっても寒い夜でしたが、心が温まるコンサートだったと思います。
クラッシックな曲が多かったのですが、葉加瀬太郎のお茶目なトークや、有名な曲も挟んでくれて、とても楽しく、カジュアルな感じで聴けた感じがします。
それもこれも、イブをみていてくれたジョーのおかげですね!
改めて、感謝です。

ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/07.Wed

Weihnachats Markt (バイナハツ・マルクト) -Koln-

先週に引き続き、今週末もちょっと足を延ばして、クリスマスマルクト探検。
今回は、Dusseldorfから車で約30分ほどのところにある、Koln(ケルン)へ行きました。
ここには、世界遺産のDome(大聖堂)があります。
私たちがドイツに来た当初、日本から遊びに来てくれたお友達と一緒に行ったのが最初だったのですが、その大聖堂を間近で見た時は、身が引き締まるような(ちょっと表現が見当たらない・・・)感動を覚えました。
それはそれは凄いオーラを放っているのです。

その大聖堂の目の前に、マルクトが開催されていました。
20111204-01
背後の建物、なんだか”絵”のようですが、本物を見るともっと凄さが伝わります!

20111204-02
頭頂部が切れてしまっていますが、大聖堂はこんな感じ。
左側の棟には階段で(階段のみしかありません)昇る事が出来ます。
イブを妊娠中(しかも8ヶ月か9ヶ月の時!)に昇ったりしちゃいました~

私たちが到着したのはお昼に丁度良い頃。
花より団子の私は、さっそく腹ごしらえのため、鼻を利かせましたよー(笑)
そして見つけたのがコチラ↓
20111204-03
その名も、バーベキュー。
といっても、ドイツのバーベキューは豚肉が定番。
串刺しにされた豚肉を、炭焼きにし、それをパンに挟んで食べます。
先週のEssenでのマルクトでも、同様のものをイブは喜んで食べてくれたので、これもイケるかと予想もして、購入。
ちょっとイブには噛み切れない硬さのお肉でしたが、頬張って食べていました!
(ちなみに、家族で1つしか購入していませんー)

ここケルンのマルクトは、大聖堂前と、他にも5か所にて、開催されているようでした。
さっそくインフォメーションセンターへ行って地図をもらい、開催場所を確認。
ジョーが、船上や、天使のマルクトがあるらしいと、情報を持っていたので、それを頼りに、そして地図を照らし合わせて行ってみることにしました。

こちらはAltstadt(旧市街)で開催されているマルクト。
20111204-04
小さなメリーゴーランドや観覧車が設置されていて、全体的なデコレーションも子供向けな感じで可愛らしかったです。
この入口付近にあった屋台に、すったじゃがいもに小麦粉を混ぜ、油で揚げた天ぷらのような、ドイツでは有名な軽食があるのですが、すごい行列を作っていました。
ちょっと覗いてみると、他店のは薄いのに対し、ここのはふんわり厚みがあって確かに美味しそう!
私も食べてみたい気がしましたが、行列に並んでまでは・・・ということで、断念。

そして船上のマルクトへ移動。
20111204-05
ライン川に浮かぶ船に、マルクトがすっぽり入っていました。
入ろうとしたのですが・・・入場料がいるとのことで・・・断念・・・
(貧乏性の私・・・)

そして最後に向かったのは、ちょっと離れた場所に設置されていた天使のマルクト。
20111204-06
ちょっと見づらい画像ですが、『Markt der Engel』と看板が設置されています。
ドイツ語の名詞には全て定冠詞に性が付いています。
男性、女性、中性と。
このderという定冠詞、男性名詞を表しているのですが、天使って男性なんだ~と改めて感心。
本来、どちらの性を持つのかは知りませんが、天使って女性のイメージだったからちょっと不思議な感じです。

ここのグリューワインのカップは、天使が描かれていました!
きっと毎年違ったデザインの天使のカップが使われるのでしょうね。

他2か所にも設置されていましたが、時間的に余裕が無く、今回はここまで。
実は、ケルンのマルクトには、お友達から可愛い(私が気に入った)置物が売っていたと聞いていたので、行ってみたかったのもあり、それを探していたのですが、見つからず・・・
でもどうしてもお土産が欲しくて、木で作られた木馬の置物を購入しました。
木製のものってドイツっぽいし、ぬくもりがあって好きです。

今回、ジョーは具合が悪いにもかかわらず、マルクトに付き合ってくれたのでした。
ありがとう!






ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。