--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/11/28.Mon

Weihnachats Markt (バイナハツ・マルクト) -Essen-

Weihnachats とは、ドイツ語でクリスマスの意味です。
11月下旬から、というよりは11月に入ってから(いや、10月くらいから既に!)ドイツはクリスマスムード満点。
11月下旬からは、土地土地で、マルクトが始まりました。

ドイツでのクリスマスは、今年で3回目。
Dusseldorfのものもステキなのですけど、もう2回も経験しているし、毎年ほぼ同じマルクトが並ぶので、今年はいろんな都市へ行ってみたくなりました。

そしてお友達にヒアリングしたところ、「Essen」という街のマルクトは良かったとの声があってので、我が家もさっそく。
実は先週(20日)に行ってきたんですが、なんとマルクトの形はできていたものの、お店はオープンしておりません・・・
ショックでした~
そのリベンジで、今週末(27日)にも行くことに。

ちなみにEssenとは、ドイツ語で、「食べる」という意味。
Essenだけに、食べ物も美味しいと言う噂。

はい、食べ&飲みまくりましたよ~!!

20111127-01
グリュー・ワイン(ホットワイン)
有名なのは、赤ワインで作られたものですが、Essenはホワイトワインを使ったモノの方が多かったと思います。
ちょこっと試飲させてもらいましたが、アルコールが温かさで飛んだ感じで、飲みやすかったかも。(赤よりも。)

20111127-02
左:名前は覚えていませんが、豚肉の煮たもの。(トマトベースのソースっぽい。)
右:バックフィッシュといって、白身魚を天ぷらのように揚げたもの。パンに挟んだりして食べます。
両方とも美味しかった~♪
なんと、お肉が少し苦手だったり、パンもあまり好んで食べないイブが、左の豚肉を挟んだパンを1つ、完食したくらい!
お魚も、パクパク食べましたよ!

20111127-03
イブにほとんど平らげられてしまったジョーのお腹はまだまだ満足せず、次なる食べ物へ。
こちらは柔らかいタコス生地で野菜等を包んだもの。
こっちも美味しかったな~♪
イブも「まだ、食べるのですか・・・」というくらい、こちらもほうばる、ほうばる!

20111127-04
そして、デザートも食べたくなった私。
チュロスを購入。
揚げたてというのもあり、柔らかくて温かくて、美味しい~♪
こちらも、イブ嬢は召し上がりましたよ。(どんだけ食べるんだ!)

20111127-05
マルクトはお店屋さんだけでなく、こういった小さなメリーゴーランドやら、ちょっとしたアトラクションがあります。
もちろん、子供向けの小さなもの。
散策中に、空中ブランコというのでしょうか?ブランコがグルグルと回されるアトラクションがあって、ブランコ好きなイブはそれに乗りたいと、泣き始めました。
う~ん、ちょっとイブは小さすぎだな・・・
ということで、メリーゴーランドで我慢してもらうことに。
でも、やっぱり大人が付き添っていないとね。
イブは満足気で、よかった、よかった。

20111127-06
この日はとーっても寒く、途中は雨も降ってきて、天候はイマイチ。
イルミネーションも綺麗と聞いてきたけど、昼間はライトアップがされておらず、あまり写真も撮りませんでした。
でも帰る間際(4時前くらい)にはチラホラとイルミネーションが綺麗になってきて、唯一、綺麗に撮れた写真をアップ。
(でも、伝わりにくいですね、この写真。)

我が家は誰もが、”花より団子”派なので、今回のマルクトは大満足。
Dusseldorfでは味わえないモノがたくさん売っており、美味しかったな。

あ、最後に、食べ物以外で購入したもの。(も、ちゃんとありますよ~!)
オーナメントと、チョコレート(ベルギー産)
オーナメントは、ドイツならではの、錫で出来た物。(←だから、ちょっぴり高額です・・・)
チョコレートは、ジョーも同意見でしたが、久々に美味しそうな見かけ。よく見ると、ベルギー産。やっぱり!
20111127-07
※自分で好きなチョコレートを選んで、その場で入れてもらったのですが、BOXの中のチョコ達、さすがドイツ、入れ方が雑だこと(笑)







スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/11/28.Mon

久々のケーキ・レッスン

ドイツ語レッスンで知り合ったお友達同士を集めて、ケーキ・レッスンをしました。
久々、というのは、私が悪阻で動けなかったのが原因・・・
今も調子良い時はあるけれど、やっぱり胃が押し上げられている感じで気持ち悪い~
(もちろん、悪阻のピークほどは辛くないけど、美味しいものを美味しく食べられません・・・)

今回のメンバーは、みな、イブと同じくらいの子供を持つママで、イブがいても、そのママ達が連れてくるチビちゃん達と遊んでいてくれるので、比較的、やりやすいというのもあるのです。
(メンバーといっても、二人だけなんですけどー。)
(しかもそのうちの一人は、出産後たった2ヶ月くらいで、もう元気ハツラツ!)

作りたいもののリクエストを募ったところ、ロールケーキとのことだったので、今回はクリスマスが近いし、ビュッシュド・ノエルを作る事にしました。
ドイツには、脂肪分が高い生クリーム(日本でいう、47%とか!)は売っておりません。
せいぜい、33%なんです。
だからホイップしても、ダラ~となってしまう生クリーム。
そのせいで、私はこちらに来て、生クリームのデコレーションは避けておりました。
でも、今回のビュッシュド・ノエルはチョコレートクリーム(ガナッシュクリーム)なので、チョコレートが硬さを保ってくれると思い、挑戦することにしました。

・・・でも、私、失敗しちゃいました。(レシピに載せる写真用のを作った時に。)
ホイップをし過ぎて、なんと、分離~。
なので、こちらのブログには恥ずかしくてアップできません。

でもその失敗が、今回のレッスンに活かされ、生徒さん達は上手くできましたよ。
出来上がりは、コチラ↓

20111125-01

ビュッシュド・ノエルは、周りもデコレーションできるので、チビちゃん達も参加できるかと。
ちなみに右のは、チビちゃんがデコレーションしましたよ~♪
斬新なデコで、とても可愛く出来ました。
もちろん、大人が作った左の作品も、キュートに仕上がりましたよ。
お二人とも満足してくれて、私も嬉しいです。

次回はクッキーを作る予定。
ちょっとしたお礼に配る為のお菓子。
そんな時は、焼き菓子が保存も効いて、Good!
お菓子作り | Comments(0) | Trackback(0)
2011/11/18.Fri

イブ、もうすぐ2歳

イブは小さい時(今も小さいけど)から、ちょっと几帳面な所があります。
遊んでいる時にも、そんな几帳面さが見られたりするので、赤ちゃんとはいえ、すでに大まかな性格って築かれていると感心してしまうほど。

そんな几帳面さとはちょっと違うのかもしれませんが、食事時にもその性格、発揮されています!

実は、手づかみ食べが苦手です。
というのも、手が汚れるのが『嫌』なのです!!
それでも、好きなモノが出ると、やっぱり食欲の方が勝つのか、手づかみでどんどん食べますが、都度、手を拭けと、手を差し出してくるのです。
もう、面倒・・・

そんなだから、スプーンやフォークで自分で食べるという行為もあまりしたがりません。
無理やりにでもやらせるべきなのかもしれませんが・・・

そんな訳で、未だにご飯は私がスプーンやフォークですくって、イブの口まで運ぶ事が多いのです。
いつになったら、自分で食べられるようになるのか・・・
悶々としていました。

でもなんと!
最近になってやっと、自分でフォークやスプーンを上手く使って食べる姿が見られるようになりました。

20111117-01

麺類が大好きなので、自分で率先して、どんどんと口に入れていきました。
(ちなみにこの日のメニューは、焼きそば。)

私が思うに、私がドイツ語のレッスン時間は、託児しているのですが、そこで同じくらいの年齢のお友達がスプーンを上手く使って食べているのを見て触発されたのではないかと察しています。
親が何度言うよりも、周りのお友達との競争心や、真似してみたいという気持ちが大きいようです。

それにしても、親バカですが、こんなに上手にスプーンやフォークを、何時の間に使えるようになったのかしら。
女の子らしく、おままごとが好きだから、そういうので手先を使ったりするのも、いい練習になるのでしょうね。

上の話題とはちょっと脱線しますが、言葉もちょっとずつ話せるようになってきました。
といってもまだまだ文章は宇宙語。
母親の私でも、理解不能です。
そんな中、何かにつけ、「え~っと、え~っと」と言いながら遊んだりしている姿が多々見られるのです。
何かを選んでいる様子ではない場面でも、「え~っと、え~っと」と言ったりして。
よくよく考えたら、私、「え~っと、え~っと」というのが口癖で言っているかも・・・
下手なこと、言えないし、できないですね、もうこのくらいの歳の子がいると。
育児 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/11/03.Thu

霜取り

日本の電化製品って、やっぱり凄いな~と思う瞬間。
こちらドイツの冷凍庫は、放っておくと、霜が張ります・・・
日本のそれは、霜取り機能が普通に付いているんですよねー。
そんなこと、日本に住んで、使っている時は気付きもしなかったけど、この機能、とっても有り難いんですよ、実は。

放っておくと、こんな有様になります。

20111102-01

霜がどんどん出来て、その霜でモノが入らなくなるし、きっと電気代も嵩むんでしょうね。

いざ、掃除しようと出した冷凍庫の品々がコチラ

20111102-02
こんなに入っていたのか~と思う位、冷凍庫は活躍してくれていました。
小さなイブがいるので、まとめて作っておいた食材とか、気軽に購入できない鶏のもも肉(骨無し)とか、それから日本食材(枝豆とか油揚げ、しらす等)も冷凍しておきます。

この霜取り、ドイツに住んだ当初は、ドライバーなどの硬いモノでガリガリと地道に処理していたのですが、今では色々と試行錯誤した結果、ドライヤーで熱風を送って氷を溶かす方法で取っています。

掃除後の姿!

20111102-03
「気持ちいい~!」

一旦出した品々を戻すのも、楽ちんでした。
綺麗にしても、ものの1~2ヶ月で霜が張り出すんですけどね・・・

日本って本当に便利だな、と思います。


ドイツ生活 | Comments(1) | Trackback(0)
2011/11/02.Wed

二度目のマタニティー・ライフ

今回のマタニティー・ライフ、イブの時よりもハプニングが多いような気がします。

悪阻はイブの時も酷かったけど、今回の方が長いような気がするし(7ヶ月の今もちょっと気持ち悪いし)、
まだ初期の頃、激しい腹痛があり、一週間も入院生活を送るハメになったし(原因は腸炎っぽいけど)、
そして今回の話のメイン、『鼻血』が毎日のように出まくります!

イブの時もたま~に出ていたからそんなに気にはしていなかったのですが、今回のはちょっと激しすぎ・・・
ほぼ毎日のように出ています。
しかも、何の前触れもなく、突然、鼻水のように鼻からツーっと。
これはおかしいと思い、耳鼻科へ行くことに決めました。

初診では、鼻の中に”かさぶた”が出来ていて、それを取らないと原因が分からないとのことで、とりあえず、塗り薬を処方されました。
メンソールの味(匂い?)のする塗り薬で、それを塗ったら、かさぶたが取れたような気がしたし、鼻血も止まりました!
(でも頻繁さが無くなっただけで、やっぱり鼻血は出ていたんですけどね。)

そして一週間後に病院へ行くと、かさぶたは取れておらず、その場で先生が鼻を掃除。
すると、そのかさぶたの奥に、≪できもの≫が潜んでおりました。
とっても小さいもので、診てもらった先生では手に負えず、別の先生に観てもらうことになり、そしてなんと、麻酔して処理すると言うことになったのです。
極小さな、軽い手術・・・ ガーン。。。

イブが一緒に居てはきっと泣きわめくと思ったので、ジョーに仕事を抜け出してもらい、イブの面倒をお願いし、手術へ。
最初は、切るのはものの10秒と言っていたのにもかかわらず、蓋を開けてみたら、その≪できもの≫は意外と大きかったらしく、手こずり、5~10分くらいやっていました。
麻酔したけど、ちょっと痛かったし、鼻なので、焼き切る臭いとかしてくるし、ドキドキでした。

やっと終わった時、先生からは、「我慢強かったね~」と。
「えっ? 確かに我慢したけど、そんなに手強いものだったの・・・?」
念のため、切り取った≪できもの≫は、研究所へ出すとの事でした。(結果はどうなんだろう・・・?)

そしてこんな有様・・・
20111101-01
小さすぎて分かりづらいでしょうか・・・。
鼻には詰め物がされ(たぶん、止血のためでしょう。)テーピングでぐるぐる巻きに。
こんな姿になると思っていなかったので、何も防御する策を考えておらず、結局こんな姿で帰りましたよ~。
これは月曜日の話。
火曜日はドイツは祝日だったのですが、外出はイブの散歩のみ。
でもしっかりマスクで防御。(でもその方が、ドイツでは怪しいかも。)
やっと明日、病院へ行くので、取れそうです!うれし~

妊娠期 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/11/01.Tue

マロンのシフォン

去年、趣味でやっていたケーキ教室で、ドイツではなかなか見かけられない『モンブラン』をリクエストされ、教えたりしました。
でも、こちらではやはり見かける事が稀な、≪マロン・クリーム(ペースト)≫を探すのも大変。
結局、普通のスーパーでは購入不可で、業者向けの大きなスーパーに連れて行ってもらい、購入したのです。

そんな苦労して購入したマロンペーストでしたが、結果は・・・まずい!
なんと、しょっぱいのです。
砂糖をたくさんいれても、しょっぱさが目立ってしまい、無塩バターで伸ばしてもNG。
ドイツの生クリームは脂肪分が低くて、ホイップしても硬くなりにくいので、生クリームも使えず、結局、去年のモンブラン作りは失敗に終わったのでした。

そして多くの友達から、マロンクリームのことについて情報収集。
戴いたりしたものもありました!

結局、モンブランはそれ以来作っていないのですが、今年になって(もう終わろうとしているけど・・・)、戴いたマロンクリームを使ってケーキを焼いてみることにしたのです。

使用したものは、確かフランス産。
(でも瓶の文字はフランス語ではない感じ!?)
20111031-02

"ペースト"は硬めですが、"クリーム"は水分が多くてトロトロです。
だからモンブランに使うよりは、焼成生地に混ぜて使用する方が向いているかと、今回はシフォンにしました。

20111031-01

今日はハロウィンですが、かぼちゃではなく、マロンを使ったお菓子。。。
デコレーションだけちょっとハロウィン。。。

ジョーにも大好評だったし、私的にも美味しく出来あがりました!
ちなみに、イブには不評・・・


お菓子作り | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。