--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/31.Mon

初挑戦

ドイツにいるからこそ、霧消に食べたくなるものが多々あります。
まずは日本食。
もちろん、醤油は売っているし、アジアンショップで日本食が手に入りやすいから、我が家のご飯はほぼ日本食なのですが、その中でも、こちらでは手に入りにくい食材のものはなかなか食べれません。
日本では、スーパーに行けば必ずと言っていいほど手に入れられるものが、こちらでは食べれなかったりするのです。

その中で、今回は二つの料理(と言えるのでしょうか・・・?)に、手作りで挑戦!
日本にいたら、これらは冷凍食材で売られているし、まず、手作りしようと思わないでしょうね~
さて、何でしょう?

一つ目は、コチラ↓
20111030-01
シュウマイです。
初めて手作りしました。
しかも、こちらドイツにはシュウマイの皮というものは売っておらず、ワンタンの皮で包んだので、はみ出た皮の歪だ事!
ジョーにも、何これ?なんて言われてしまう始末。

餃子は何度か作った事があったのですが、餃子はちょっと包むのが大変。
そこで、シュウマならそこまでの手間はないかも?と、こちらにも挑戦してみたのです。

そして二つ目は、コチラ↓
20111030-02
人形焼き??
いいえ、たこ焼きです~
我が家には丸型のたこ焼き器がなく、たこの形をした型があって、それで挑戦。
くるくるとできないけれど、油をしっかりと型に塗ったので、きれいにひっくり返す事が出来ました。
しかも、油がなじむ3回目くらいになると、気持ちいいくらい剥がれやすくなりました!
何度もやる事によって、ちょっとはコツがつかめたかも!?

20111030-03
出来上がり~♪

イブはたこ焼きが気に入ったようで、このお皿の2/3は、一人でペロリ。
残念ながらシュウマイはNGでした・・・
でも大人の私達には、結構美味しかったですヨ。
蒸す前のシュウマイと、焼いた後のたこ焼きはしっかり冷凍保存しておきました。
ちょっと手間がかかる料理は、多目に作って冷凍保存しておくのが便利ですね。


スポンサーサイト
我が家ごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/28.Fri

おもてなし&お土産!

久しぶりに(といっても1ヶ月ぶりくらい?)に、Hさん宅へお邪魔しました。
Hさんとは、来独後すぐに通った独語学校で知り合ったお友達。
以前にもブログで紹介したかもしれないけど、境遇とか、性格もちょっと?似ている事もあり、とっても寛げる存在なのです。

イブもいることから、お昼をチャチャっと済ませてからお邪魔しようと思ったのですが、優しいHさんは、お昼も我が家で~と声をかけてくれ、お言葉に甘えました。
先日、かぼちゃ畑へ行って、たくさんのかぼちゃ(しかも日本のかぼちゃ・・・と同じ種類だと思います)を購入したそうで、そのお裾分けもいただけるとのこと。
それだけでも嬉しいのに、お昼には、かぼちゃのスープ、そして午後のティータイムにはかぼちゃのプリンまでも用意してくれました。

20111027-02
ランチの写真は撮り忘れましたが、こちらはかぼちゃのプリン。
カラメルまで入って、久しぶりにかぼちゃ風味たっぷりのプリンをいただき満足でした♪

もう一つ、私の気になる存在を購入していたHさんに、図々しくもリクエスト。
少し前に、エスプレッソの器具を購入した事を知っていた私。
それを是非、見てみたかったし、味も賞味してみたかったのです!

20111027-01
これで2杯分だったかな?(合ってる?)
このフォルム、インテリアにもいいな~。
我が家は、ジョーはコーヒーが苦手(たっぷりのミルク(牛乳)を入れないと飲めない。)なので、私だけ用に購入するのもどうかと思うけど、インテリアとして持っておきたい気持ちの方が大きいかも(笑)
こうやって、お湯を沸騰させ、コーヒーを落とすそうです。
ガスだったら手持ち部分が焼けてしまうかな・・・と火力はガス派な私は思ってしまいました。
やっぱりエスプレッソの器具だけあって、濃いコーヒーが出来上がり、私達はミルクたっぷりで戴きましたが、美味でした。

Hさんは交友関係が広くて情報通。
私は会う度に、いろんなことを質問攻め。
今回もあっという間に時間は過ぎて行きました。

そして最後に、立派なかぼちゃをお土産に戴いたのです。
20111027-03

料理にだけでなく、今回はスイーツにも挑戦してみようかしら。

そういえば、話はちょっと飛びますが、かぼちゃと言えばハロウィン。この季節ならではですね。
でもドイツは、ハロウィン色がとても薄いです。
季節ものの雑貨やデコレーション・グッズは結構たくさん置いてある国だと思いますが、この季節、別のお祭りがドイツにはあり、そのデコレーションで商品棚は埋め尽くされ、10月で既に、クリスマスのデコレーション・グッズが置かれてしまいます。

ドイツに来て、お友達宅へ遊びに行かせてもらう事が多くなりましたが、みなそれぞれ、季節のデコレーションが素敵だったり、普段からナチュラルなインテリアだったりと、学ばせてもらう事が盛りだくさん。
本当に見習いたいです。
でもこういうのって、センスの問題が大きいから、私はダメだな・・・
と諦めず、今後頑張っていきたい事の一つです。


ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/23.Sun

人気のバザー

今日は朝からバタバタでした。
というのも、年に一度の人気のあるバザー開催日。
日本の幼稚園で開催されるバザーは、日本人にはもちろん、ドイツ人にも人気。
日本のモノは、優れていると、ドイツ人には思われているよう。

ドイツは、日曜日は商店法により、飲食店以外はほとんどのお店がお休みなため、土曜日中に買い物は済ませておくのが鉄則。
金曜日にも買い物はできるけど、我が家が気に入って通っているマルクト(市場)は毎週水曜日&土曜日しかやっていないため、そのために土曜日も買い物デー。
今日もバザーはあるものの、朝は早起きして準備しました。

この人気のバザーの開催時間は11時でしたが、お友達の間では、1時間前から並ぶとの噂が!
「え~っ、そんなに早く!?」
でも私も負けてはいられません。
やっぱり人気のありそうな、そして新品で買うと高そうな大物品を早めに見たいため、私も頑張って並ぶ事にしました。
でも、買い物を済ませ現地に到着したのは開催約45分前。
幼稚園の建物内には入れず、それをはみ出して並ぶ人達の後ろへ・・・
去年は建物内に並べたのに、今年は凄いな~と感心。
でも、気温たったの3度だったから、やっぱりこれより前には並べなかったな。
(妊婦なのに、軽装すぎちゃいましたし・・・)

ジョーは家の掃除をしてくれていて、イブも寒いからお留守番。
一人で待つのは、とても長く感じました。

そして開催時間になり、いざ出陣。
今回の戦利品はコチラ↓

20111022-01

大物コーナーで期待していたのは、寒い冬用に、家で遊べるジャングルジムとか滑り台でしたが、無く、結局購入したのは、ベビーカー。
今使っているのは、ちょっと重たいのです。
今回購入したのは、マクラーレンのもので、一番軽いタイプ。
きっと3歳くらいまではベビーカーが必要なので、バザーにしては結構な値段だったけど、思い切って購入しました。
しかも、手持ち金が無かったのに、お友達にお金を借りてまで・・・・・

それから、イブのおままごと用にと、イブが押すベビーカー(写真:ピンク)も。
こちらは2ユーロ。
思った通り、イブはこれを見た途端、押しまくり。
今日一日こればかりで遊んでいたくらいのお気に入り。

ロディーちゃんは、イブにだけど、ちょっと私の趣味も入っています;

本当は、これから寒くなる時期にと、イブのブーツ(もしくは長靴)も欲しかったのですが、これは探したけど結局無く、残念な結果でした。

20111022-02

実は、先週も別の幼稚園でバザーでした。
その時の戦利品ですが、こちらで購入したショッキング・ピンクのブーツ。
色があまり気に入っていなかったのですが、サイズはピッタリだと思って購入しました。
・・・だけど、イブの足に通してみたら、キツイのか、履きたがらないのです。
ここのバザーも私一人で行ったため、購入前に試着させられなかったんですよね。
洋服はなんとかなるけど、靴はやっぱり履かせないとダメですね。

子供の物は、おもちゃでも洋服でも、すぐに汚れたり使えなくなったりするので、バザーで購入するのが一番。
もちろん、新品モノも買ってあげたいけど、全てはムリだものね~
ドイツは比較的、フリーマーケットが多い気がするので、嬉しい限りです。

ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/21.Fri

子供のおやつ in London

先日、ロンドンへの旅行で、欲しいなと思っていたものの一つに、子供用のおやつがありました。
というのも、クルージングでお会いしたYさんファミリーが持っていたそのおやつに、ジョーも私も興味津々で、ロンドンへ行ったら是非購入したいと思っていたからなのです。
そのおやつが入った箱や袋には、一日に必要な栄養が摂取できるようになっているしくみが記載されており、例えば、この印のものを5箱(袋)食べればOKみたいになっているのです。
なんて便利なのでしょう!

20111020-01

この、『Goodies』というシリーズはたくさん販売されていました。
全てをチェックした訳ではありませんが、Organicと記載されているので、無農薬のものを使っているし、ほとんどが野菜や果物からできたおやつです。
食べ過ぎはよくないけれど、やっぱりこういう自然のものからできたおやつを、食べさせたいなと思います。

イブは新鮮なフルーツ(ドライフルーツではなく、生のという意味)があまり好きではないようで、食べられるものはバナナと梨ぐらい。
子供が好きそうな、苺やみかんはNGなのです・・・
ジュースやピューレになっていると大丈夫みたいなんだけど。

だからドライフルーツもあまりあげていませんでしたが、これを機に、レーズンに挑戦。
初日は口に入れた瞬間、「ベ~ッ」と出し、やっぱりダメか、と思いました。
でも私、諦めませんでした!
翌日もレーズンの箱を手渡すと、今度はパクパク。
よっぽどお腹が空いていたのか、それとも?
レーズンが入っているのは小さな箱。
写真でいうと、右上の黄色い袋にたくさんの箱詰めレーズンが入っています。
日本のグリコのキャラメルのおまけくらいの箱サイズ。
その箱から器用にレーズンを取り出しては口に頬張るのです。
その作業(?)が好きなのかも、イブは。
たぶん、気分屋さんなので、入れ物が違うとNGになっちゃうかもしれません(笑)

話は飛びますが、
今日はお友達宅へ遊びに行きましたが、そのお土産にパンを焼いて行きました。
イブはパンもあまり好きではなく、食べないのですが、そのお宅の5歳になるお兄ちゃんがパクパクと食べている姿に影響され、なんと2つも!食べました。(小さいサイズだけど。)
「真似したい」とか「可愛らしいモノに入っている」とか、真の食欲よりも、外見(?)に左右されるようになりました。
そういうところ、”女の子”なのかも、と思う瞬間です。
育児 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/18.Tue

冬支度

今年はドイツ(デュッセルドルフだけかな?)は夏らしい気温になったのはたったの数日で、夏を満喫できずに秋に突入し、秋もすでに晩秋という気温でした。
まだ10月だというのに、もう既にコートが手放せません!!

私が来独したのは2年前のそんな9月末だったのですが、そこから今の家に引っ越しをして見かけた事のあった噴水は、当然と言えば当然なのですが、水が抜かれていた状態でした。
でも冬支度という事情を知らない私は当時、ここの噴水は水が無いのか~なんて、呑気な考えしかできませんでした。

当然、春から夏にかけてはそこに水は張られ、噴水がきちんんと作動するようにはなっているんですよ!

そして今回、偶然にも見かけました。
噴水の水が抜かれ、そして掃除されている風景を。

20111018-01

20111018-02

まだ朝の9時前でした。
(私は産婦人科の健診で出掛けたのです。)
ドイツ人は、朝早くから仕事をし、夜は夕方(5時にはもう退社)には切り上げて帰るのが普通のようで、こういう人たちも、吐く息が白い早朝から仕事をしていました。

こうしていろんな場所で、冬支度がせっせと進められているんですよね。
10月末からはサマータイムが終わり、11月に入ると何のイベントもなく外も心も真っ暗。
12月には唯一楽しみなクリスマスマルクトが始まるからいいけど、冬に入るというのはこちらの人もそうだけど、日本人の私達にとっても、結構覚悟がいるものです。
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/16.Sun

Zwiebelkuchen(ツヴィーベルクーヘン)

Kuchen(クーヘン)とは、ドイツ語でケーキの意味ですが、これは玉ねぎをふんだんに使ったケーキというよりはパンです。

出産前に、ドイツに来た当時、お腹は大きかったけど、ドイツで売られているパンがパサパサしていてあまり美味しくなかったのを機に自分で作った事がありましたが、それもあまりうまくいかず、パン作りにはちょっと遠ざかっていました。
でも最近、『デュッセルドルフでパン作り』という本を見つけ、材料について勘違いしていた事が多くあったことが分かり、またもやパン作りに目覚め始めた私。

その第一弾として、ツヴィーベルクーヘンを作ってみようと思い立ちました。
本来は、9月に売り出されるドイツでは有名なFederweisser(フェーダーヴァイサー)という新ワインと一緒に食されるので、私が作った時期はちょっと時季外れかな。
ちなみにフェダーヴァイサーという飲み物、ワインですがアルコール発酵途中で売られるため、まだジュースのような味覚がします。
そして、瓶の蓋はしっかり閉められておらず(つまり、ゆるい!)、持ち帰る時は要注意なのです。
面白いですよね~

20111015-01

出来上がりはこんな感じ。
イメージ的にはパンの部分(側面)はもっと薄かったのに、ちょっと分厚くなってしまいました・・・
これはパンというよりも、キッシュのような見た目に、味だから、パンが上手く出来たかどうかは評価できません。

パン作りを始めて失敗が多いですが、上手く出来始めたらまた記事をアップしようと思います。
これも、今お腹にいる子が産まれるまでの期間限定ですから、急がないと。
お菓子作り | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/15.Sat

お誕生日

ドイツに来て3回目のお誕生日を迎えました、私。。。
もうこんな歳になると、自分がいくつになったんだか、分からなくなっちゃいます(笑)

初めてドイツに来た年は、お誕生日の日が丁度、我が家への引っ越しでバタバタでした!
そして二年目は、ジョーの会社の所長さんが丁度、日本へ本帰国する日でした。
そして今回は、特別な事はありませんでしたが、ジョーは出張中。(日帰りですが。)

何も期待していなかったのですが、せっかくだから外食しよう、とジョー。
やった~!

月のスペルの最後に、「-ber」が付く月は、ムール貝が美味しい時期。(前にも書いたかな?)
それもあって、我が家の近所にある美味しいと評判のドイツ料理屋さんへ行くことにしました。

この日のイブは、午前中はお友達宅で遊び、午後も私の都合でママ友のところへ行き、そこでも遊び、お昼寝をしていませんでした。
夕飯まで持つかしら?と不安的中。
レストランへ向かう途中にご就寝。
雨が降っていたので、歩いて行ける距離だけど、車で向かったため、ベビーカーはお家の中。
寝ているイブを、ハイチェアに座らせる訳にもいかず、遅れてくると連絡のあったジョーに、一旦、お家に寄ってもらってベビーカーを持ってきてもらいました。

そのおかげで(!?)、私達夫婦はゆっくりと食事を楽しむ事も出来たんですけどね。(ごめんね、イブ。)

20111012-01
奥が念願のムール貝。
手前は鶏のローストとトマトソースのパスタ。
どちらも予想通り美味しい。
お腹が空いていた私たちはあっという間に完食。

そして・・・
20111012-02
ムール貝、第二ラウンド!
食べれるかな・・・という心配をよそに、こちらもパクパクと食べまくる私達。
全て完食しました~。

そして帰ろうかと思った時に、イブが起床!
あっ、、、朝までコースではなかったのね・・・。
このレストランに来ても、食べれるものが少なかったイブなので、イブはきっと許してくれたと思います。(勝手に!)

やっぱりロマンチックな夜よりも、食べ物に執着してしまう私なのでした。
(美味しい夜をありがとう、ジョー!!)
新しい歳は、二度目の出産が待っています。
この歳も波瀾万丈だわ。

ドイツ生活 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/10/14.Fri

今だけのお楽しみⅡ・・・(ロンドン)

今回は、ロンドン紀行です。

結婚前は、一年に一回は必ずと言っていいほど、海外旅行に明け暮れていた私。
初めての海外は、USA(ロサンゼルス)でした。
ヨーロッパへもいろいろ行った事はあったけど、英国には足を踏み入れた事は無かったのです。
しかも、ハワイも行った事のない私・・・。

初めての英国、そしてロンドン。
でも英国の私のイメージは「暗い」「寒い」とあまり良くなく、だから今回もあまり予習をせずにいたのですが、これが大外れ。
一人旅とは違って、今は行きたい所に行けない状況だけど、もっと予習しておけばよかったと思う位、ロンドンには見どころや名所がたくさんありました。

でも、今回の目的の一つは、先日のクルージングで出会えたご家族との再会だったので、それが果たせただけでも大満足の旅行でした。

20111007-01
ホテルでの一こま。
全く違和感のない写真ですが、イブの足元にご注目。
これ、私のブーツ!
一人で履いたんですよ~

20111007-02
英国初の私は、この英国ならではのタクシーに興奮。
あまり良い写真ではないので、分かりにくいですが、かっこいい!
客席は広くて、ベビーカーがそのまま入るらしい。

20111007-03
そしてこのロンドン・バス。
やっぱり二階建て!!
こんな二階建てバスが公共のバスだなんて、ロンドンっ子には普通なんだろうけど、目を奪われました。

20111007-05
携帯電話が主流の世の中、公衆電話なんか使われていないだろうに、こんな公衆電話が街の至る所に。
可愛いな~♡

20111007-04
クルージングで出会ったご家族の双子ちゃんと一緒に記念撮影。
イブとは半年違い。
イブは場所見知り&人見知りが激しいけど、この双子ちゃん達はいろんなものに興味津々で、ジョーや私、イブの所に行ったり来たり。
ご夫妻には、近所の美味しいパブに連れていってもらったり、リージェント・パークの近所に住んでいるので、公園を散歩したり、近所の美味しいケーキ屋さんのケーキをご馳走してもらったりと、本当にお世話になりっぱなし。
やっぱり旅行は、地元の人がいると、本当に心強いですね~
Yさんご家族、ありがとうございました!!
今度は是非、我が家へ遊びに来てください~

20111007-06
二日目は、観光三昧でした。
行きたいお店に行くも、日曜日は開店時間に限りがあり、ほとんどがお昼からの開店。
私たちは早くから出掛けたので、閉まっているお店がほとんど・・・
お昼はYさん夫妻から教えてもらった飲茶をほおばり、またショッピングをして15時ごろに、英国と言えば、アフタヌーンティ。
お腹は空いていなかったけど、ちょっと奮発して楽しんでしまいました。
本当はゆっくり紅茶を飲みながら・・・なんだろうけど、イブは大騒ぎだし、後に控えた観光名所も回らなければ・・・で、無理矢理食べた感じでした。

食べたり、ショッピングしたり、せっかく観光名所がたくさんの英国なのに・・・
時間も限られていることから、これらだけは行こうと前夜に決め、向かったのは。。。

20111007-08
↑これ、何だと思いますか?
橋ですけど・・・。

20111007-07
そう、ロンドン橋!
ローンド橋、落ちた~♪の歌で有名ですね。
でも実際のロンドン橋は、こんなにシンプル。

そのひとつ向こうにある橋はポストカードにもなるくらい絵になる橋があります!
20111007-09
これの方が、ロンドン橋って感じがしますね(笑)
これは、タワーブリッジといいます。
間近で見るともっと綺麗で圧倒されます。
素敵でした。

20111007-10
そしてもう一つ。
ビッグ・ベン(時計台)と、ロンドン・アイ(観覧車)。
これらは夜景が素敵との情報があったため、この時間帯に見たかったのです。
丁度、ライトアップされ、写真を撮り、ここを後にしました。(写真用に行ったみたい!)

それから、それから。
帰る前に、英国名物を食べてみたいと、結構歩き回って見つけたお店で食べた物は、
20111007-11
フィッシュ&チップス。
想像していたのよりかなり大きい!
ポテトの太さも、豪快です。
でも美味しいと言う訳ではないんです・・・。(お店によっては美味しいのかもしれないけど。)
話のネタに食べました。

もっと、もっとたくさん見どころはあっただろうけど、子連れ旅行には限界があります。
でも、行きたかったところには行けたような気がするし、お友達にも会えたし、思い出深い英国旅行でした。
また英国に行きたいけど、いつになるかな・・・。






ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/06.Thu

今だけのお楽しみ・・・(アントワープ)

明日で、妊娠7ヶ月に入ります。
もう大分、お腹も大きくなってきて、靴下を履いたり、足元のものを取ったりするのは一苦労。
といっても、きっと周りの人がお腹を見ても、あまり妊婦だと気付かれないくらいの大きさですが・・・。
(知っている方は、大きくなったね!と言ってくれるけど。)

来年にはもう身動きとれないし、旅行なんて、出産後はかなりの期間お預けだろうから、今のうちにと、行ってみたかったところへ行くことにしました!

その第一弾が、ベルギーのアントワープ。
ベルギーのドイツ寄りの都市へは、車で約2時間。
お手軽旅行です。

これ、何だと思いますか?

20111002-01

市庁舎とか教会と言われれば、日本人の私の目にはそのように見えてしまいますが、これ、中央駅なのです!
こんなに立派で存在感たっぷりな中央駅は、あまり見た事がないような気がします。

そしてアントワープと言えば、『フランダースの犬』を思い浮かべます。
その物語の最後のシーン、ネロとパトラッシュが魅了された絵画が観賞できる教会、ノートルダム大寺院があります。

20111002-02

教会の中に、ルーベンスの最高傑作である絵画が観賞できるのですが、私達が向かったのは日曜日で、丁度ミサ中だったため、近くまでは行く事が出来ず、残念でした。

20111002-03

↑これは、「ネロとパトラッシュ」記念ベンチ。(ベンチと言っても石造ですが・・・)
TOYOTAが建造されたようです。

ノートルダム大寺院の裏側には、市庁舎があり、その前にはアントワープの名前の由来になったといわれるブラボーの噴水があります。
この日は暑くて、子供たちはその噴水で水遊び。
イブも遠目から羨ましそうに眺めていました。
(初めてのものには警戒心が強く、行けないのでありました。)

20111002-04

英語の月の綴りに、「-ber」が付く月は、ムール貝の季節。
ベルギーは食文化が優れているため、私達の目的の一つとなったムール貝。
味付けはシンプルに、白ワイン蒸しをチョイスしました。

20111002-05
これは夕食時にいただいたもの。
コショウがたっぷり効いていましたが、美味しい♡
スーパーでも真空パックになったものが安価で手に入りますが、中を開ければ身が小さくて残念な貝が多いのですが、さすが店内で食するものは大ぶりな貝ばかり!
スープの出汁用に入れる野菜も美味しい!

20111002-08
そして翌日の昼食でいただいたものはコチラ。
こちらはレモンが入っているためか、昨日のに比べるとあっさりタイプ。
ハーブも効いていて美味しい~

そしてベルギーと言えば、スイーツ担当の私(笑)としては、外せないのが「ワッフル」ですね。

20111002-09
コチラはブリュッセルワッフル。
ふわっとしていて軽い歯ごたえ。

20111002-10
一方、イーストが入っていると思われる、歯ごたえ十分なリエージュワッフル。
私は歯ごたえがしっかりしたリエージュの方が好きです。

ちなみにブリュッセルワッフルを食べたお店は、私が独身時代に旅行で来た際、お友達のお友達(私は直接のお友達ではなかったのですが。)が紹介してくれた美味しいワッフルのお店に、今回も偶然訪れる事が出来たのです!
その頃は、ベルギーにはもう来る事がないだろうと思っていたので場所など覚える気全くなかったのですが(笑)、こうして訪れる事が出来てラッキーでした。

もう一つ、ラッキーな出来事が。
同じお友達が連れてきてくれた”美味しい”クッキー屋さん。

20111002-06
『PHILIP'S BISCUITS』

20111002-07
店内はクッキーの焼いた、バターの香りで包まれており、居るだけで幸せな気分にさせてくれました。
右上:ジンジャーブレッド
右下:アーモンドクリーム(といってもマジパンのような風味)を包んだパイ
左:レーズンサブレ

ちなみに、右二つとも、ジョーのおねだりです。

今回の旅行は、気候も良く、暑いくらいの旅行日和でしたが、これからは一段と寒くなりそう・・・
10月下旬からはサマータイムが終わるので、日も短くなります。
でもそんな寒くて暗い日常から少しでも気分転換できるよう、あと少し、旅行を味わいたいものです。








ドイツ生活 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/10/02.Sun

”お母さん”

20111001-02

最近のイブ。
日本に一時帰国してから、結構、積極的に行動するようになって、嬉しく思う母、私。
イブのマイブームは、近所の公園にある、このシーソー。
たまに通り道として通ると、必ず指をさして、やりたいとおねだり。
そして必ず、どっち側にも座りたがるのです(笑)。
勿論、私が空いた片側に乗って揺らしてあげないとダメなんですよ。

まだまだ言葉は5本の指で数えられる位の語彙しか言えないのですが、最近は真似をよくするようにもなりました。
産まれた時から、私は自分のことを、イブに、「お母さんはね・・・」と言い続けているのですが、少し前から、ちょっと「お母さん」って言ってくれていると感じる事もしばしばありました。

でも今日、ハッキリと、イブが「お母さん!」と言って背後から抱きついてくれる瞬間があり、感動!!
もう抱きしめた体を離したくないくらい、愛おしい瞬間でした♪

ちなみに、「お父さん」とも言えていると思いますが、まだまだハッキリとは聞こえず、ジョーはちょっと寂しそう(笑)
でも、一緒に居る時間の長さを考えると、これが母親の特権ですよね。


育児 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/02.Sun

珍しい果物

ドイツに住んでいると、珍しい、日本では見た事のない野菜や果物に出会えます。

この時季は、『Zwetsche』(ツベッチェ)
日本語に訳すと、西洋スモモだそう。

20111001-01

見た目や色は、プルーンに似ていますが、違う果物。
やはり、食べ物については冒険心が弱い私は、試す事がないままでいましたが、ちょっと気になる存在でした。
そして、マルクト(市場)で見かけた際、「ちょっと試したいのですが・・・」と恐る恐る言ってみると、食べさせてくれました!

すると、美味しいではありませんか!!
こういう、日本で言うソルダムみたいな果物は、私の固定概念で、”酸っぱい”と思っていたのですが、全く酸っぱく無く、優しい味がしました。

私が試したのは去年のことでしたが、試した時期が遅かったのか、買おうと思った頃には姿を消してしまい、残念に思って早一年。
今年は、毎週のように購入しては、この味覚を楽しんでいます♪
(日本には無いから、思う存分、食べなくちゃ~)
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/01.Sat

HARIBO(ハリボ)

ドイツ人なら誰もが(きっと!)口にした事があると思われるお菓子。
HARIBO!!
グミです。

日本にも、最近は巷のスーパーやコンビニでも目に出来る商品だと思います。

でも、さすが本場のドイツには種類はそれはそれは豊富なのです。
未だに試した事のない味がたくさん。
そのうち、見た目的に試したくないモノ(笑)も、たくさんあるんですけどね。

見た目的に試したくないモノの一つは、黒い色のグミ。
海外に行くと、大抵、どこの国にも置いてある黒いお菓子・・・
日本には無い味です。
これは生薬に使われる甘草の風味がするそうですが、間違って食べた時、本当にまずかったデス。
でも、好きな人は大好きな味なんでしょうね~

さて今回の本題。
数少ない試した味のうち、私の大ヒットはコチラ↓

20090930-01
左から、生姜とレモン味、いちご味、レモン・コーラ味

20090930-02
中身はこんな感じです

レモン・コーラ味のは、商品名『Happy Cola』というのですが、ジョーもお気に入り。
夫婦揃って、このグミのファンで、我が家がHARIBOを購入する際はこの味と決まっています。
他に試してみたりしていますが、不動の一位!
酸っぱいパウダーが付いていて、味は勿論のこと、歯ごたえが抜群。
HARIBOには、いくつかの食感(歯ごたえ)があるのですが、硬すぎず、柔らかすぎないこの硬さがいいのです。

真ん中のいちご味は、最近発見したもの。
これは見た目的にはパスの部類に入るもので、手にした事がありませんでした。
しかし、先日の旅行の帰りの飛行機で、前の席に座ったドイツ人がこのHARIBOを食べていて、その匂いがたまらなく私の心を引きつけ、是非食べてみたくなったのです。
結果は、美味しい~♪でした。
こちらの食感は、マシュマロのような柔らかさで、Happy Colaとは正反対。
でも、全くの作りものだけど匂いがたまらなく良いため、このグミも、私の中のランキングに入ってきました!

そして最後に、生姜&レモン味。
これは喉飴的な用法として購入したもの。
きっと最近発売になったと思われます。
パッケージに「SCHARF」(=辛い)と注意書きがされているので、ちょっと覚悟して試食。
でもやっぱりお菓子なだけあり、美味しかったです♪
私は風邪の引き始めは必ず喉が痛くなるのですが、そんな時は生姜の飴だったり、生姜ジャムをお湯で溶いたものを飲んだりして酷くならないようにしているのですが、このHARIBOはそんな役割を果たしてくれるお菓子となりそうです。
お菓子だけど、身体に少しだけ良さそうなところが、イイです!


ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。