--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/29.Sun

諏訪内晶子&札幌シンフォニー・オーケストラ

我が家から、駅でいうと5つ先にあるコンサート・ホール、Tonhalle(トーンハレ)にて、日本人ヴァイオリニスト、諏訪内晶子さんのコンサートが開かれると、様々な広告によって宣伝されていました。

20110527-1

友達からも、その噂を聞いていたのですが、1歳のイブがいては、音楽のコンサートなんて夢のまた夢のような気がして、気にしていませんでした。

でもある日、ジョーが言ってくれたんです。
「よい音楽を聞くのはとってもいい事なんだから、言ってくれば?イブは俺がみているから。」と。

その時は、でも私一人では・・・なんて思っていたのですが、どんどんコンサート当日に近づいてくるにつれ、「行ってみたい」という気持ちが大きくなり、しかも、割と破格な料金!というのが最後の決め手でした。

この、諏訪内晶子さん&札幌交響楽団のコンサートは3カ国5都市にて開催されるようですが、ドイツ公演では、デュッセルドルフの他に、ミュンヘンでも開催され、なんとミュンヘンでの料金は、デュッセルでのそれに比べ、およそ2倍だったのです。

チケット収入はすべて東日本大震災の被災者のための義援金として寄付されるようですが、それもあって、日本人が多いデュッセルドルフではより多くの日本人が足を運んでくれるように、と料金体系が低く設定されたのかしら?

でも会場は、私の予想を裏切り、割と多くのドイツ人が占めていました。
もちろん日本人も多くいましたが、ドイツ人も意外と多くいたのにはびっくり。

20110527-2

ホール内では、写真撮影の許可があるかどうか分からずに、ドキドキしながら撮った一枚(笑)。
このホールは天井が半球になっています。
会場が丸い方が、なんだか音が平均的に聴こえそうです。

20110527-3

私の席は、ギリギリに購入したものだったので、こんな後頭部ばかりが見えるところ。
でも、アリーナ席のように、とっても近くて、臨場感たっぷりでした!
(ちなみに、諏訪内晶子さんの登場で多くのフラッシュがたかれたので、写真撮影OKだと分かり、安心して撮りました。)

諏訪内さんの演奏が終わり、最後にアンコールっぽい拍手の後、ソロ演奏がありました。
チケット代は安かったし、1時間程度で終わるのは仕方ないかな・・・と、終わってからはイブやジョーの待つ家に急いで帰ろうと会場を出た瞬間、ドイツ人の女の子に声をかけられました。
ドイツ語でうわぁ~っと捲し立てられ、「ドイツ語分からない」と言うと、今度は英語で。

「チケットを譲って欲しい」という話でした。
「でも、もう終わったし・・・」
「まだ終わっていない!今からのを聴きたいから、譲って!」
「・・・えっ!?終わっていないの?」

そこで初めて、あれは前半が終わったものだと知りました。
この女の子に会っていなければ、後半を聴き逃してしまうところでしたーっ(笑)

でも後半は、諏訪内さんの出演はなく、オーケストラのみの演奏でしたが、知っているような曲目もあり、結局2時間のコンサート、一人きりで寂しかったけど、久しぶりにゆっくりクラッシクの音楽を聴けて、とてもいい時間を過ごせました。

ありがとう、ジョー。
イブの寝かしつけに、約2時間もかかったって・・・

最後に、この一枚。

20110527-4
恐らく、日本人のコンサートだから出たメニューでしょう。
ハーフタイムの時間に、多くの人たちがこれを飲んで温まっていました。
でも、味噌汁に3ユーロだなんて、日本人の私にとっては、高額すぎて買えません!
しかも、具の中に、”たくあん”らしきものが入っていたような・・・?



スポンサーサイト
ドイツ生活 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/27.Fri

シンプル・クッキー

お菓子作りをしていて、日本と比べ、ドイツの方が”良い”と感じる事が多々あります。
それは、乳製品が断然、安価な事!
それに加え、その他の材料ももちろん安価。
そして、数々のデコレーションアイテムが、普通のスーパーにズラーっと並べられています。
(日本だと、専門店に行かないと無いようなものが、こちらでは普通に購入できます。)

さすが、本場の欧州なだけありますね。

もう一つ、結構重要な事があります。
それは、
湿気が少ない事!!

ケーキ作りをしていると、これってかなり重要な事なのです。
作っている最中も、それは必要だし、作り終えたケーキを保存しておくのにも、重要な役割を果たします。

日本でも、冬場は乾燥しているので、湿気は気になりませんが、夏場は湿気大国なので、せっかく作ったケーキ(焼き菓子)をプレゼントしても、食感が、作った時とはガラリと変わってしまっている事があるのです。

その点、こちらドイツは夏でも心配ないような気がします。
(もちろん、ジメジメ湿気の多い日もありますけど・・・)

最近、プレゼントして喜ばれるお菓子に、『クッキー』があります。
しかも、とってもシンプルな材料と作り方のクッキー。

私は、Simple is the best!と思っている方なので、このクッキーのレシピが大好き。

そしてアクセントに、クッキーの表面に文字のスタンプを押します。
これがまた、可愛い♡

このスタンプは、日本で購入(といっても、日本の販売店が輸入しています)しましたが、なんと、輸入元はドイツ。
知っていたら、こっちで購入していたな・・・。

20110526-1

写真は見づらいですが、『DANKE』の文字が刻印されていますよ。
”ありがとう”の気持ちを込めて贈ったり、
時には”Happy Birthday”の文字も使ったりします。

このレシピを知ってからは、いろんなクッキー型も欲しくなりました。
きっと日本に比べて様々な型が置いてあるのでしょうが、なかなか気に入った型が見つからないんですけどね。
でもその分、出会った時の喜びが大きいと思うので、その日を待っていたいと思います。

お菓子作り | Comments(1) | Trackback(0)
2011/05/23.Mon

目指せ!ナチュラル・インテリア

以前から、我が家の殺風景なインテリアには、お友達のお家に遊びに行く度に、げんなりさせられていました。
だってお友達のお家はみな、ステキなんですもの。

家具のほとんどは前任者のものを受け継ぎ、それ以外はなるべく安価なモノで済ませていたのも原因の一つ。
でも、そんな”器”のせいにしていてもはじまらないので、これは勉強するしかない、と思い、最近はナチュラル・インテリアのブログを読みまくりです(笑)

少しずつでも、雑誌でみかける素敵な空間が作れればいいな~と思っているのです。

そこで購入したのがコチラ↓

20110522-1

やっぱり”緑”が必要かと・・・
ラベンダーの鉢を購入。

そして、月に一度開かれる『グロースマルクト』という、いわゆるフリーマーケットに勇んで出かけてきました!
会場はとっても広くて、方向音痴の私は、今、自分がどこに居るかも分からなくなってしまうほど。
一度通った道をまた通ってしまうし、きっと、通っていない道もあったはず。

去年初めて行った時は寒かったし、買いたいものの焦点が定まっていなかったけど、今回はある程度のテーマが決まっていたし、なんといっても暖かかったし、イブも丁度寝てくれていて(笑)、ゆっくりじっくり見られた感じでした。

今回の戦利品↓

20110522-2

こんなに買ってしまいました。
しかも、籠が多いな~!
ジョーには、呆れられました。。。

一番高額だったのは、ピクニックバスケット。
12ユーロと言われましたが、踏み台も買うからと、二つ一緒で15ユーロにまけてもらいました。
(ちなみに踏み台は6ユーロと言われました。)

このマルクトでは値切るのも常識。
私は小心者なので恐る恐る言うのですが、ジョーは関西出身なだけあって、言う、言う!
助かるわ~、こういう時。

一番奥にある木馬は、車に乗って帰ろうと運転中に見つけ、急遽、車を止め、走り寄って買った一品。
5ユーロでした。
馬の鬣がハゲてっしまっているし、相当古ぼけていますが、その古ぼけ感がインテリアにはいい感じ。
表向きはイブのおもちゃですが、私的には将来はインテリアの一部と考えて購入。
イブは楽しそうに遊んでいるので、買って正解でしたけどね。

こうして、少しずつでも我が家を変えていけたらいいな。
これが、最近のマイブームです。

ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/23.Mon

やっと!・・・歩いています

1歳4ヶ月の時に、初めてイブは歩いたのですが、その後は「あの出来事は何だったの?」というくらい、全く歩いてくれなくなり、親としては気を揉む毎日でした。

そして1歳5ヶ月の丁度その日、何故か本人はやる気満々になっており、尻もちたくさんついても、歩くようになったのです。
この心境の変化は何なのでしょうね。

そんな”歩いている”写真ではないのですが、最近のイブ。
ある日の公園。

20110518-1

やはり動画は撮るのが難しいですねー。
ブレブレです・・・

イブはぶらんこが大好きで、しかも、スピード狂なのか、大きく揺らすのが大好き。
これぐらい揺らさないと、喜びません。

20110518-2

公園の真ん中に大きなジャングルジムがあるのですが、その仕切りになっている台に興味津々。
この溝の砂利に興味を持ちはじめたイブは、この後ずーっと小石を下の砂利に置いたり、また溝に戻したり。。。
何が面白いの・・・?
とっても熱中してやっていたので、私は本でも持ってきて読めば良かったと後悔するくらいでした。


そしてある日の子供カフェ。

20110518-3

この日はとっても天気が良かったので室内でなくても良かったのですが、ここは室内に子供達が遊べる空間があるカフェなのです。
前にも紹介しましたが、畳があるのです!!
砂場で遊んだり、こうして台に乗って遊んだり、行動範囲が広がりました!

20110518-4

トンネルだって、こんなに笑顔で自分からやるようになるなんて。
以前は泣いて、したがらなかったのに、成長するんですねー。

これからどんどん気候が良くなる時季。
たくさん遊んで、もっともっと元気に成長していってね。





育児 | Comments(1) | Trackback(0)
2011/05/17.Tue

シュパーゲル・ズッペ(Spagel Suppe)

この時季に欠かせない野菜、それはアスパラガス。
しかも、白アスパラガス。
・・・という記事は以前に書かせてもらいましたが、今回はそのアスパラを使ったスープに挑戦。

といっても、スーパーでスープの素になるペーストを発見し、それをどうしても使ってみたくなったので挑戦しました。
以前(もうかれこれ1年も前!)に、クノールとかマギーから出ているインスタントのアスパラスープの素をスーパーで購入していて、食べる機会を失い、つい先日、ちほりんが来てくれている間にやっと食したのですが、意外と美味しかったのです。
それもあり、今度はちょっと高級感のあるペーストを発見したので、それを使ったらもっと美味しいかも、と期待を膨らませて挑みました。(←でも自分では特に調理する感じではないんですけどね。)

20110514-1
アスパラ達の下にあるのが、今回使用したペースト。
外見は、美味しそう♪

そして完成しました!
20110514-2

ただ、アスパラを茹でて、その中にペーストを入れるだけの、誰にでもできる一品ですが・・・

お味は??

・・・しょっぱい~
このペースト、実はスープ用なだけでなく、ソースとか、リゾットにしてもいいようなことが書かれていたんですね。
だから味も濃いし、バターがハンパなく入っていました。

う~ん、やっぱりスープとしては不向きなのかしら。
もしくは、このペーストに書かれていたスープのオリジナルレシピには、ジャガイモも入れていたから、それを入れなかったのがNGの元なのかもしれません。

とにもかくにも、次回からはスープにはこのペーストは登場しないでしょう。
期待”大”だっただけに、残念な結果に終わった食事レポートでした~

我が家ごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/14.Sat

まるで、姉弟!?

3月に出産したみっちゃんのお家へ遊びに行ってきました。

あれからもう2ヶ月。
育児をしている身にとっては毎日がバタバタ・・・バタバタ。
振り返れば早かったのかもしれないけど、日々はとーっても長かったりするのよね。

ハルト君はとーってもお利口さんで、私達がお邪魔しておしゃべりしたり、イブがちょっかい出したりしても、ほとんど泣かないの。
でもみっちゃん曰く、普段はもっと泣くよ~だとか。
そうなんだよね、イブもそうだった。
お友達が来ている時は良い子なのよ~。
ちょっといつもと雰囲気が違うぞ、と、小さいながらにも感じるんだろうね。

イブは最初はやっぱり警戒心タップリでしたが、徐々に慣れていき、慣れ過ぎて!?仕舞いにはハルト君が入っているゆりかごを乱暴に揺らす、揺らす!
でもきっと、優しく揺らしているつもりなんだよね(・・・と願います。)

20110511-3

ハルト君も、ちょっとニッコリ顔。
まるで姉弟のような風景でした。

************************

みっちゃん家はとーってもオシャレ。
本人はかなり謙虚に、自分のお家のことを言っていましたが、嘘つきーっ!という感じでステキ。
私の好きなナチュラル・カントリー調。
真似したいところ満載でした。

みっちゃんは嫌がるかもしれないけどちょっとご紹介。(ごめんよ~)

20110511-1

20110511-2

お部屋の至る所が、オシャレなのです。

これに触発され(以前から、お友達宅は全部、素敵だったので我が家に帰るとゲンナリでした。)インテリアの本やブログに、今、ハマっています。

育児 | Comments(1) | Trackback(0)
2011/05/13.Fri

たこ焼きパーティ!?

先週の土曜日、お友達のヒサコさん宅でのホームパーティにお呼ばれしました!
ヒサコさんとは、私が来独して間もなくだった頃にちょっとだけ通った独語学校でのお友達。
歳も近いし、いろんな事が似ていたりするし、何よりも気兼ねなく接することのできる貴重なお友達。

今回のテーマは「たこ焼き」

日本では、いつでも、どこででも食べられる軽食ですが・・・
こちらでは、食べられるとしても冷凍食品、しかも高額!
もしくは自宅でたこ焼き器があれば作れますが、我が家にはありません。

イブが大分大きくなり、大人の食べるものに興味が”大”だし、ママ友からは子供にたこ焼き(蛸無し)を食べさせたら喜んで食べたという話も聞いていたので、とっても楽しみでした。

20110507-1

日本では人気のあるホットプレートタイプのたこ焼き器。
一度に24個も焼けるそう。
この器械を見ただけで、ワクワク度がMaxになりました~

20110507-2

あ~、うんうん、こんな感じだよねー。
と懐かしい見た目。
久しく見ていない光景ですもの!

ヒサコさんのご主人は大阪出身なので、作るのも上手。
ちなみにヒサコさんもご主人関係の集まりの時に、たこ焼き何百個も焼いた経験のある、つわもの夫婦。

ちなみに、一番左端は、イブも食べられるようにと、蛸も紅ショウガも抜いて作ってもらいましたよ。
・・・でもね、2ラウンド目は蛸入りのを食べちゃって、でも最近は奥歯がしっかり生えてきたので、ガムのように長時間口でモグモグしながらも、きちんと飲み込めた様子。
詰まらせる事もなく、そしてアレルギーも出る事無く、初蛸いただきました!

最後にお好みで、おたふくソースや青ノリ、かつお節、マヨネーズなどをかけて、いただきま~す!
私達全員、「美味しい!!!」の歓喜でした。
何個でもいけてしまうわ。

たこ焼きの他にも、鶏胸肉の蒸し料理だったり、大根サラダ、パプリカの煮もの、そしてエビとトマト炒めなど、盛りだくさん用意してくれて、お腹は大満足でした。
ヒサコさんはとても控えめで、いつも謙遜ばかりだけど、本当に美味しくて、ジョーは翌日になっても、あれは美味しかった、最高だったと連発でした。

ヒサコさんのご主人は、ジョーに負けず劣らずのお酒好きのようで、二人でビール⇒白&赤ワイン⇒日本酒⇒ウイスキーと、どれだけチャンポンして飲めば気が済むの?というくらい飲んで大いに盛り上がっていました。
いつもは私が釘を刺すけど、こういう時だけは好きなだけ飲ませてあげます。

・・・案の定、ジョーは翌日、一日中ずっと、死んでいましたけどね~
歳ですなっ

ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/13.Fri

ちほりん来独-第二弾!

4月下旬の話です・・・(ブログの更新をサボッていましたー!)

日本から友達が遊びに来てくれていました。
実は今回が二度目。
一度目は去年の秋。そこではお財布を掏られたり、英語が通じなかったり(バイリンガルだから発音の問題ではなく~)あまり良い思い出がなかったようでしたが、少しずつ気に入り、美味しいものに目が無い彼女への最終兵器、『5月には美味しいホワイトアスパラガスや苺が出回るよ~』と洗脳したおかげで?、絶対また来るね、という公約を守ってくれての訪独でした。

もちろん、毎日、ホワイトアスパラガス祭りに花が咲きました!
彼女はお酒も嗜むので、ジョーには最高のお相手!

ドイツには二週間の滞在でしたが、そのうちの一週間は別のお友達のところへ。
仕事がグローバルなら、お友達もグローバル。
世界中を旅行しても、各地にお友達がいるっぽい。

我が家に戻ってからは、ショッピングしたり、デュッセルに移り住んだ友達と遊んだりして楽しんでいた様子。
せめて一日位は、我が家全員と日帰り旅行したいという思いが両者にあり、この時季にはもってこいの“ライン川下り”をしたかったのですが、スタートとゴールは別の場所になっており、そこへ行くのに(船が到着した帰りも)公共交通機関を使うのは時間的余裕が無いため、泣く泣く“ライン川下り”は諦め、そのポイントにもなっているリューデスハイムへ行くことにしたのです。

実は、リューデスハイムの観光ポイントはデュッセルドルフから車で行くと、川向うになるため、あと約1km地点で車のナビが「船に乗ってください」なんてアナウンス。
私達、一斉に「・・・えっ!? 船って言った???」
まっさきに疑い(笑)、船乗り場を通り過ぎて車を走らせるも、道は細くなるし、途中で歩道を走っちゃったりして、この先も怪しい雰囲気。
やっぱりナビを信じようと、Uターンして乗り場へ戻りました。

20110504-1
この渡し船が無いと、観光ポイントへ行けないのだから、良い商売よね~(笑)

20110504-2
通称、つぐみ横丁(Drosselgasse)
両脇には多くの酒場が密集し、夜になると生バンドの演奏をバックに、客はダンスやゲームで盛り上がるようです。

20110504-3
リューデスハイムは、フルーティーな味わいの白ワイン(リースリング種)の生産でも名高く、街にはワインケラーなどがたくさんあります。
きっとこれも、そんなワインケラーから瓶詰めしているんでしょうね~(予想:笑)

20110504-4

20110504-5

街の後背のなだらかな丘の斜面には、緑の絨毯のようなブドウ畑が広がっています。そこを見下ろせるようになっているゴンドラに乗り、丘の上から臨むライン川は絶景でした。

20110504-6

この日のイブ。
先のブログで『歩いた』記事を書きましたが・・・
実はその後は、親の期待を裏切り、手放しでは歩いてくれないのです。
でも歩くのは大好きなようで、親の手を引いて、歩きまわっていました。

20110504-6
ライン川下りのルートマップ。
みんな考える事は一緒!?
リューデスハイムのポイントだけ、ペンキが剥がれていました。
(写真で見えるかな? 左から5つ目の赤い丸)
みな、そこを指差して写真をパチリなんですね~
(勿論、私達もやりましたよ!)

長いようであっという間のちほりん滞在。
今回も前回同様、日本からたっくさんお土産やら私たちの要望を運んできてくれたりして、感謝しきれませんでした。
そしてまた、「絶対にまた来る」と公約してくれたので、次回はクリスマス時季に会えるのを期待していま~す

PS. ちほりん、いろいろ書いちゃってゴメンね~(笑)
ドイツ生活 | Comments(1) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。