--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/28.Tue

緊急外来・・・

クリスマスの翌日、我が家は大掃除に明け暮れていました。
(クリスマス当日も大掃除でしたけどー。)

イブはその間、大人しくしていて欲しいため、歩行機に乗せてみたり、私がおんぶしたり。
でもイブはそんな大人の事情など関係なく、動きたいし、興味あるものは触りたいし・・・。

そんな日中の出来事がストレスになったのか、原因は不明なのですが、夕食に与えたご飯の序盤に、突然嘔吐!
まぁ、嘔吐することは今までにも数回あったのでそんなには驚かないのですが、水分も摂ろうとしないし、一番ショックだったのは、おっぱいまでも吐き戻してしまった事。
そして、胃液までゲロゲロと、何回吐き戻しをしただろうと数えられないくらい、苦しそうにしていて、しかも顔色がどんどん青白くなっていくではありませんかっ!

日曜日の夜、ホームドクターは勿論やっていないため、大きな病院の緊急外来へ行くことにしました。
イブを出産した病院。
車で10分ほどのところです。

こんな時、自分の格好なんてどうでもいいって思っちゃいますね。
もう既にお風呂にも入ってパジャマ姿だった私。
髪もボサボサ、化粧なんてしてませんが、そんなこと関係ないのです!
パジャマの上からコートを羽織り、長靴を履いて(外は雪ですから~)車に乗り込みました。

病院に着いて、受付で子供の病状を説明するも、「嘔吐」ってドイツ語はおろか、英語も焦っていて真っ白。
ボディーランゲージで嘔吐したと話し、そしたら○番の番号が書かれているドアの待合室で待ちなさいとの指示。
待っている間、イブはぐったりしていてとても心配でした。

イブの番になり、診察してもらうと、先生からは「心配ないですよ。」との言葉が。
何が原因かはハッキリしないけど、胃の中を全て吐き出したいことがあるそう。
もし今後吐くようなことがあれば、と処方してもらった薬を買って帰り、ひとまず安心しました。

今回、ジョーが一緒にいてくれたから私は少しでも冷静でいられたけど、これが一人だったらと思うとゾッとします。
まず、車を一人では運転できない(イブを抱っこしていたから)し、英語で先生に説明できないし、薬も診察後に買いに行くことも難しいだろうな・・・(ドイツは病院で薬をもらえず、処方箋を持って薬局へ行かなくてはなりません。)
海外赴任のジョーは、やっぱり出張が多く、今回の事がそんな出張時のことでなくて本当に良かったと、胸をなでおろしました。

翌日、イブはいつものように機嫌は直り、食欲も出てきたようで、一安心です。
でも今後、もっといろんなことが起こるのだろうな~と思うと気が抜けませんが、自分の親も、こうやって自分を心配しながらも育ててくれたのかと、今更ながらに感謝です。
私も頑張らなくちゃ!
スポンサーサイト
育児 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/12/28.Tue

忘れてた!

ドイツのクリスマスといえば・・・
シュトーレン!
今年はどこのものを買おうかと思っていたら、「ここのパンが美味しい」と教えてもらったお店には、いろんなシュトーレンが所狭しと陳列されていました。

20101226-1

ここのパン屋さんには、BIO商品が結構あり、普通のパンも美味しいのだそう。

このお店がある、Nordstrasseという通りには魅惑的なお店がたくさんあり、大好きなのです。
クリスマスの前に、シュトーレンもそうだけど、ちょっと物色したいものがあり、出掛けてきたのです。
お昼前に出掛けたので、ここのパン屋さんでランチ(といってもクロワッサンのみ)をしましたが、やっぱり美味しかったです♪

そして購入したシュトーレンは、オレンジピールが入ったもの。
外観も可愛い。

20101226-2

味に、というよりは、ほとんど外観で選びました(笑)

クリスマスまでとっておいたのに、
クリスマスに食べようと思っていたのに、
当日、、、
忘れていました~

でも。
これからじっくり頂くことにします!



ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/26.Sun

クリスマス-2010年

今日25日は、クリスマス。
外は・・・
ホワイトクリスマス☆
昨日のイヴに降った雪がここまで積もりました。

20101225-1

日中は、一日ではとっても終わりそうもないと思って大掃除。
なんとも、クリスマス気分は味わえず。
日本人ですなー。

でも夜は頑張りましたよ~♪
といっても、朝から下ごしらえをしたおかげです。
しかも、その下ごしらえをできたのは、イブを朝からみていてくれたジョーのおかげです!
いつもながら、ありがとう!!

20101225-2

先日、イタリアン教室で習ったクリスマス・ディナー。
オニオングラタンスープ
パスタ パルミジャーノ風味
子牛の赤ワイン煮
******************
デザートには、チーズケーキ。 ちょっと手抜き・・・

美味しく頂きました。
ごちそうさまでした~

また明日から、大掃除頑張るぞ(笑)

ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/26.Sun

届きました~♪

つい先日、Amazonで購入した商品があったのですが、AmazonといってもUK(イギリス)のものなので、送料もそんなに高くないし、なんせ英語だからドイツ語に比べたら楽ちん。
配達も、注文してから早ければ2~3日で届いてしまうのです。

そんな商品を待ち望んで開けたダンボール。
あれれ??
ちがう??

20101223-1

届いたのは、Steiffのテディーベアでした!
そう、
イブのお誕生日にママ友から協賛してもらったプレゼント♪
まさに、サプライズでした。
だって、お店の人からは、届くのは3~4月だって言われていたから。

20101223-2

ドイツといえば、私の中では5本指の中に入る、テディー・ベア。
ドイツ産まれのイブにはぴったりのプレゼントでした。
汚れないように、大切に、ケースなんかに入れて飾らなくちゃねー。

育児 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/20.Mon

ミッフィーの赤ちゃんビスケット

噂によると、ドイツとオランダは仲が悪いらしく・・・
オランダの商品を、ドイツで見かけることがあまりありません。

代表的なものは、ミッフィー。
ミッフィーの商品、ほとんどドイツでは見かけません!
隣の国だから、輸入しやすいだろうに。

車で30分ほど行けば、オランダに行けるのですが、そのスーパーで見かけたミッフィー商品。
めちゃくちゃ可愛くて、一目惚れ。
イブに、というより自分が持っていたい。。。

20101220-2

もちろん、イブに食べてもらいますよ~(笑)
オレンジの箱の方が、1歳過ぎから。黄色の方が、8ヶ月からあげられるみたい。
もうイブは1歳だからオレンジの箱の方を食べられる(与えられる)けど、もったいなくて(笑)黄色の箱の方を今まであげていなかったので、未だに黄色。
しかも、今日からあげることにしました~


でも言い訳。
イブはこういう甘い系より、おせんべいの方が好きなのよね。
育児 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/20.Mon

風車のナイフ

私がドイツで手に入れたかった物の一つ、刃物。

中世からの刃物作りの歴史で名高い町Solingen(ゾーリンゲン)。
「ゾーリンゲン」の名称そのものが日本でもブランド名のように知られています。
工業化が進む中でこの町で唯一、今からも昔から職人仕事にこだわり、伝統的な手作りの製法を守り続けているのが、1872年創業の Robert Herder(ロベルト・ヘアダー)社。
その、ロベルト・ヘアダー社のナイフは風車模様のトレードマークが目印なのです。

20101220-3

お友達から、この『風車のナイフ』の話を聞いた時から欲しくて、でもそのお友達の話によると、手作りの為、注文してから数ヶ月しないと手に入らないという。
今使っている包丁は、日本から持ってきたもので、しかも安物。
でもこちら(ドイツ)で購入した包丁研ぎのおかげで、毎日の調理には事欠かないこともあり、手に入るまで数ヶ月かかってもいいと思っていました。

でも、そんな時、風車のナイフの話をしてくれたお友達が、その工場見学をするとのことで、もしかしたら包丁もその場で購入可能かも、との話を聞き、早速買ってきてもらうことにしたのです。

20101220-1

上から、パン切り包丁。
中:三徳包丁。(肉、魚、野菜の三種がこれ1本で切れるとのことで、この名が。)
下:オールドジャーマン。(刃先が丸くて、子供でもそんなに危なくないとのことで、将来のイブ用。)

取っ手は桜の木から出来ていて、この木を磨くオイルも売られているほど、デリケート。
あまり水に濡らさない方が良いとのことで、毎日使う包丁向きではないのかもしれないけど、やっぱり切れ味が違います!
末永く愛用できるよう、大事に使わないとね。
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/20.Mon

クリスマスマルクト ~Solingen~

先週、先々週は、風邪引いていたり、ジョーの仕事があったりと、この時季ならではのクリスマスマルクト巡りができなかったのですが、今日は幸い、雪も止んでいたので、車で30分のところに位置する、刃物で有名な町、Solingen(ゾーリンゲン)へ行ってきました。

20101219-1

このマルクトは、お城(たぶん背後に写っている建物)の敷地で開催するもので、なんと!入場料がいります。
(大人4.5€)
Dusseldorfから車で30分ほどのところなのに、積雪量が多いし、寒い~
でも、入場門から見えるマルクトのテントが、ワクワクさせるのに足る、佇まいでした。

20101219-2

ちょっとマルクト見学し、さっそく暖かいものを。
やっぱりグリューワイン♪
クリスマスマルクトには、暖かいグリューワインがつきものですが、グラス(入れ物)は土地土地で違うので、それを見るのも楽しみの一つ。
そしてこのマルクトはやっぱり他とはちょっと違って、陶器でできていて味があるため、もらって帰ってきました。(といっても、飲み物を買う時にグラス代を払っていて、返却するとお金も戻ってくる仕組みです。)

20101219-3

売られているものも、他には無いようなものが多かったです。

20101219-4

生ツリーには、雪が積もって、まさに”ホワイト・クリスマス”

20101219-5

暖かい食べ物も売っています。
もう、手がかじかんで、食べ物を持つ手には感覚がありませんっ
まるでスキー場。
手袋をせず、軽装でスキー場に来てしまった、そんな感じでした。

20101219-6

今回の戦利品。
手前は錫で作られた飾り物。昔はお店の看板として作られていたそう。
左回りに、グラスで作られた蝋燭立て。お店では実際におじさんが作っていました!
奥には、手作りのバッグ。これはイブ用。まだちょっと(大分?)早いけどね。
右側のものは、木で出来た置き物。

.......................................................................................
本当は、これで終わりのハズが・・・
ここからが、今回のメインイベント(笑)

帰り道の事。
車にナビをセットして、高速道路を走り、あともう5分ほどでお家に辿り着くハズが・・・
いつも曲がる道の標識に×印が付けてあるのです!
でも、行けないと分かっていたのですが、Uターンしようと、その道に入っていきました。
ちょっと奥まで入って、いざUターンしようとハンドルをきると・・・
進行方向に段差が見え、「危ない!」と思った瞬間、ガタンッ!!

ん!?

げげげ~
前輪の片方が、その段差に落ちてしまったのです!

目の前真っ白な、ジョーと私。
(実際、雪で真っ白・・・ そんな冗談、この瞬間には通じないくらい、不安で頭が真っ白に。)
ジョーが外へ出て、私がハンドル操作して、タイヤを元の位置に戻そうと必死に行ったのですが、全くびくともしません。
どんなに必死に車をジョーが押して、私がアクセルを踏んでも、進歩なし・・・

とそこへ、前方から男女の姿が見え、もう少し近づいてきたら私は助けを求めようと思っていたところ、私達の姿を見て引き返していくではありませんか・・・

と、もう一方の方向から、もっと若い男女の姿が見え、そのカップルはどんどん私達の方へ向かって来てくれます。
思わず、『助けてください~』と叫んでいました。
最初はそのカップルは、車のタイヤを見て、これはADAC(日本で言うJAF)を呼ぶしかないな~なんて言っていたのですが、とりあえず力ずくでやってみようという感じで、車体を持ち上げるのを手伝ってくれたおかげで、なんとかタイヤが元の位置に戻ったのです!!!

『ありがとう~』の嵐。
その二人が、輝いて見えました~

そして火事場のバカ力が出たジョーは、気づくと、ズボンはドロまみれだし、なんと力を入れすぎて、ボタンは弾けるし、チャックも全開!
笑けるけど、今振り返っても、本当に、本当に、あのカップルが近づいてきてくれて良かったと、感謝。

今思うと、何故あんな道をあのカップルが歩いていたのか不思議なくらい。
もし誰も通りがからなかったら、私たちは間違いなく立ち往生し、ADACを呼んだりしたら軽く2~3時間はあそこの寒い場所で待ちぼうけでした。
(ADACを呼ぶのはいいけど、私たちがどこにいるのか、説明できなかったなぁ・・・)

年末、もっと気を引き締めて今年を締めくくりなさい、との神の思し召しだったのかしら。
それにしても、大事に至らずに、感謝でした。


ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/20.Mon

チビサンタ祭り

先日、ママ友同士で、クリスマスだし、サンタクロースの格好をさせたら可愛いよね~という話が盛り上がり、どこかに売っていないか探したところ、H&Mにベビー用の衣装があるとの情報を得、早速みんなで購入。

そして、みんなで写真撮影を決行しましたよ~

20101214-1

続々と集まる、チビサンタ。
男の子バージョンと、女の子バージョンはちょっと違うのです。
女の子はスカート♪
イブの後ろにいるオウスケ君の衣装は、日本で購入。
だからちょっと作りが丁寧だし、白い部分がモコモコでなんだかリッチな感じ~

20101214-2

この時はまだご機嫌のイブ嬢ですが・・・

20101214-3

全員集合して、ツリーの前に集めて撮影しようとしたら、もう大騒ぎ!
泣いたり、動いたり・・・
ママは子供を動かないように置いたり、あやしたり、そして撮影したり!大汗かきました~

20101214-4

あ、帽子もあったんだったとかぶせて。(大黒さんのよう!ぷぷぷ~)
お菓子も与えて(笑)ご機嫌をとって~

20101214-5

イブは後ろの方にいます。
そして、泣きじゃくっていたので、私が後ろで見えないように押さえています・・・
だからお友達が撮ってくれた写真。

この頃の月齢は、動けるようになってくるので、集合写真は大変です。
でも、そんな動きがある写真も、それはそれで特有で私は好きです。




育児 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/14.Tue

おたんじょうびおめでとう

2010年12月12日。
イブ、満一歳を迎えました~

振り返ればあっという間の一年でしたが、日々の育児はとーっても大変だったかな。
産まれて間もない時は、抱っこするだけでも腱鞘炎になってしまうくらい私もひよっこでしたが、今では8.5キロの体重を軽々? 時には片手で持ったりして、随分たくましくなりました。
もちろん、イブもたくましく成長し、そしてジョーもとっても良いパパぶりを発揮しています。

20101212-1
イブはまだ立っちもできないけれど、こうして腹這いで進むことが、とっても上手になりました。
ドアの向こう側、右手がキッチンなのですが、リビング(ここ)とキッチンを私が行ったり来たりするので、それを追いかけるように、イブも行ったり来たり。
ドア越しに、『いないいないばぁ』をやるのが大好き!

20101212-2
お誕生日の前の週、イブも私も胃腸の風邪をひき、ダウン・・・
しかもそんな時に限って!? ジョーは出張で家を留守にしており、てんてこ舞いでした。
というより、何もする気が起きず、イブもグズることが多くって大変。
と、言い訳ですが、そんな訳で飾り付けもシンプルになってしまったよ。ごめんねーイブ。

20101212-3
一歳のお誕生日プレゼント。
・・・といっても、ずーっと前に購入してありました。
実はコレ、近くのおもちゃ屋さんが閉店になるのでセールをしており、張り切って購入したものなのです。
やっと日の目を見た、おもちゃ達!

20101212-4
音楽に興味があるイブ。
木琴も、私がちょっと叩いて見せただけだけど、自分でバチを上手に持ってこのとおり。(親バカ・・・)
もちろん、レゴも大好きなおもちゃの一つ。
この後、レゴを広げたら、木琴はそっちのけでした(笑)

20101212-5
お友達から借りたカチューシャ、可愛いのに、何度もトライするも、この通り泣きじゃくりました。
帽子はあまり嫌がらないのに、やっぱり頭に違和感を感じるのねぇ
お誕生日なのに、いつもと変わらないイブのごはん(離乳食)!

20101212-6
ハッピーバースデー トゥーユー♪
日本ではこの季節、当たり前のように店頭に並ぶ苺ですが、こちらドイツでは並んでません!
探すのに必死でした~

苺だけは食べられると思ってイブにあげるも・・・顔をそむけて「嫌」!だって。
美味しいのに。

20101212-7
大人だけ、お誕生日ディナー♪
この間習った、イタリアンメニューです。
来年、二歳を迎える時にはイブの好きな食事を用意してあげるよ。

この一年、本当に大きな病気せず、スクスクと元気に育ってくれてありがとう。
そして、お父さん(ジョー)とお母さん(ミー)のところに産まれてきてくれてありがとう!!




育児 | Comments(1) | Trackback(0)
2010/12/08.Wed

イタリア料理教室 12月

11月に続き、今回も参加してきました~
11月より、クリスマス・レシピを教えてくれるのですが、
①鴨
②チキン(2種より選べます)
③牛
とメインを選ぶことが出来ます。
11月には鴨を教えてもらったので、今回はみんなのリクエストの多かった牛肉を選択。

前回は4人+チビでしたが、今回は人数が少し増えて6人+チビでの参加。
人数が多いせいか、自分がやることがあまりなく、でもそれがかえって、小さい子がいるママにとっては有り難かったりするのです。
そして、そんなに手間をかけずに出来るようなメニューというのも有り難いです。
その割には、出来上がりがお店で食べるような感じになるのは、盛り付けのおかげ!?

20101207-1
前菜:オニオングラタンスープ

20101207-2
パスタ:自家製ニョッキ パルミジャーノ風味

20101207-3
メイン:牛肉の赤ワイン煮込み

こちらの牛肉、ハンパないくらい硬いのですが、圧力鍋だと魔法のように柔らかくなるのです!
しかも、野菜は煮崩れするのでカットせず鍋に放り込むだけ。
私は圧力鍋を持っていないのですが、案の定、「欲しい」病になりました~

20101207-4
今回もチビっ子達は床で遊んでもらっておりました。
お菓子の取り合い、ものすごいです!(笑)
まるで動物に餌をやっているよう・・・

20101207-5
そして教室が終わった後、近所のママ友宅に遊びに行ったのですが、お土産に、今、マルクトで出ているお菓子をお土産にしましたよ。
これは、レープクーヘンというスパイスが効いた硬いクッキー。
食べられるけど、飾り用ですね。

・・・・・・・・・・・・
今日(12月7日)はジョーのお誕生日。
ですが、メキシコへ出張です。
今回習った牛肉料理でもてなそうと思ったのに、残念。
今週末のイブのお誕生日に、一緒にお祝いしましょう!



ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/07.Tue

ドレスデン・世界最古のクリスマスマルクトと木のおもちゃの故郷ザイフェン

まだ気温も暖かい(暑い)時期に届いた、旅行会社からのツアーパンフレットに、とっても魅力的なツアーが載っていて、さほど高額でもなかったため、おぼろげながら行きたいな~と思っていました。
そして10月も終わりの頃に、ジョーから「行ってみようか」と嬉しいお誘い。
ツアーは12月4~5日と、申し込みした日から1ヶ月も先だったけど、その日から楽しみで仕方ありませんでした。

ドイツといえば、私のイメージの中ではクリスマスがトップ3に入ります。
そして木のおもちゃも、ドイツでは有名。

当日は朝6時に集合だったので、4時には起きなくてはならず、結構寝不足。
でも胸は躍ります。

・・・
今回の旅行はバス。
ドレスデンまでは約7~8時間もかかるのです。
途中トイレや食事休憩を3回ほど取りますが、窮屈でたまらないし、イブは途中から飽きて騒ぐしで、ドレスデンに着く頃にはもうヘトヘトでした。

ホテルでチェックインを済ませ、いざクリスマスマルクトへ!
・・・
外は寒い。寒すぎ~!
マイナス何度だったのでしょう。
風も吹いていたので、体感温度はマイナス10~20℃でした。
ベビーカーは積もった雪の上では押しにくく、いざ、マルクトへ着いても、寒すぎてゆっくり見ることができません。
人混みもすごくって、ベビーカーは押すのに一苦労で、心は「早く帰りたい・・・」でした(笑)

20101204-1
ドレスデンの旧市街。
観光目的にもかかわらず、こういった建築物も、寒すぎて近くに行こうという気持ちすら起きません・・・

20101204-2
マルクト。
これが世界最古の会場です!

20101204-3
ここまでは何とか気持ちは盛り上がっていたんだけど、中は人・人・人の嵐で、見動きは取れず、寒いのでゆっくり回れずで、あっという間に気持ちの火が消えてしまいました。

20101204-4
リアル・モミの木。
そしてリアルな雪。
シンプルだけど、感動でした。

さっきから「寒い」の連発ですが、本当に寒くて死にそう。
さっさと夕食を摂って、ホテルに帰ろうということになり、探すも、どこも予約でいっぱい。
後から分かりましたが、この日はクリスマスマルクトに加え、サッカーのヨーロッパリーグが始まっており、それで観光客が倍になっていたそう。
こんな日に限って・・・

やっと見つけたレストランでしたが、ここでもハプニング。
注文したものが、待てど暮らせど、来ないのです。
私たちよりも後から来た人のメニューが運ばれてくる始末。
やっと運ばれてきたかと思えば、頼んだものと違うものだし~!!
案の定、ジョーはキレて、マネージャーを呼び出し、クレーム。
日本だったらこんな時、無料とかサービスしてくれそうなものですが、ここはやはり欧州。
謝るだけでした。


次の日は、ドレスデンから南に70km、チェコとの国境の町、ザイフェンへ出発。
ここエルツ山地は産業もなく寂れていましたが、村興しのごとく手を打ったのが木彫り細工だそう。
人口4000人の町ですが、実に2000人もの人々が木工業に従事しているのだそうです。

20101204-5

20101204-6
工房見学をさせてくれるところがあり、見学。
丁寧な手作業現場でした。
いいな~こんな仕事、と一瞬思いましたが、単純作業の繰り返しですよね。
でも、確かな技術が光っていましたよ。

20101204-7

20101204-8
町はこんな感じの木でできたおもちゃの模型が至る所に飾られ、町全体がメルヘン。
写真を撮っても、撮りきれないほどでした。

20101204-9
レストランの中もこんなに可愛らしい。
まさに、おもちゃの国です。

20101204-10
日本人には馴染みが少ないですが、クリスマスピラミッド。
木のぬくもりが伝わって来る素敵な一品ですが、さすがに持って帰るのに大変なので、購入は断念。

この町はもっともっと見ていたいくらい、時間が過ぎるのが早かったのですが、帰路も7~8時間かかるので早めに集合し、デュッセルドルフへ向かいました。
往路は期待に胸が膨らんでいたので、狭い車内も耐えられましたが、帰りはさすがに堪えました。
疲れているので寝たいけど、イブは長時間寝てくれないのです(涙)
夕食のために止まったサービスエリアも、マクドナルド1軒しかないので、ツアー客で長蛇の列。
しかも30分しか休憩ではないので、トイレも行きたいし、ある意味戦いです。

途中渋滞もあったりで予定よりも1時間弱遅れましたが、やっと帰ってきました。
バス旅行、小さな子供がいると結構堪えます。
長時間は、辛いわ~







ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/04.Sat

11月・12月生まれ お誕生日会

もうすぐイブのお誕生日。
は、早いっ!

ママ友から、お誕生日会をしようとお誘いがあり、イブはちょっと早いけど、パーティを開催してもらいました。

20101203-1
開催場所のお友達宅のベランダには、可愛らしい雪だるまが!

20101203-2
そしてこんなに可愛らしいお誕生日の飾り付け。
ツリーもありましたよ~

20101203-6
まずは大人が腹ごしらえ(笑)
持ち寄りランチです。
お祝いの席ということで、お赤飯や、チキンのオーブン焼き、懐かしい焼き鳥などなど、いい匂い!
なんだかんだで15時近くになっていたので私たちのお腹は空きまくり、みんな黙々と完食(笑)

20101203-3
大人のお腹が落ち着いたところで、パーティ開始~
チエさんが持ってきたかぶりものを、チビちゃん達に装着。
この写真はみな、落ち着いていますが、実は真ん中のオウスケ君を除き、ほとんどが泣き叫ぶ状態でした。

20101203-4
チビちゃん達は、何をやらせても可愛いし、こちらのしたい放題(笑)

20101203-5
今回の主役たち~
イブ(12月12日生まれ)&ユマちゃん(11月30日生まれ)
ユマちゃんは一足お先に、一歳を迎えました♪
よく遊んでいるママ友の中では、ガールズはこの2人だけ。
Dusseldorfは、何故か男の子比率が高いのです。

20101203-7
ハッピバースデー・トゥーユー~♪
プリンセス達のバースデーケーキ。
ハートのデコが、キュートでしょ。

20101203-8
そして一歳を迎える子供の儀式?
一升餅を担ぐのですが、、、これ、結構重たいのです。大人でも。
イブは大泣き。
無理矢理~
これで一生、食べ物には困らないゾ~

記念すべき一歳のお誕生日プレゼントは、私の希望で、Steiff(シュタイフ)のメモリアル・ベア。
足裏に、名前と誕生日、そして時間が刻まれます。
ちょっと・・・いや、大分!予算オーバーなので、お友達からは協賛という形で参加してもらい注文しました。
本来は出来上がりまで、1ヶ月だというのに、年の暮れとのことで、出来上がりは3~4月!!
その時まで写真はお預けです。。。

こんな素敵なお誕生日会、ありがとう♪






育児 | Comments(1) | Trackback(0)
2010/12/04.Sat

雪が降りました

11月末だというのに、初雪。
ドイツは寒いイメージですが、私の住むDusseldorf(デュッセルドルフ)はそんなに雪は降りません。
なのに、
今年の冬は、まだ11月だというのに初雪でした。

20101130-1

この二日後、その日は雪は降っていないものの、強風。
なんだかスキー場の頂上にいるような寒さ。
私はイブの防寒にばかり気に取られ、すっかり自分は軽装(2枚しか着ていなかった!)なのに気づいたのは外出先でのことでした。
案の定、鼻風邪を引いてしまいました・・・
バカですね。
ドイツ生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/04.Sat

第四回 ママ友とのケーキ教室

11月のレッスンは、みんな大好き!「モンブラン」でした。
栗が出始めるのは10月ですが、一時帰国しているお友達もおり、全員参加したいとの要望で、翌月に開催。

日本では当たり前のように出回っている栗は、こちらのスーパーではあまり見かけません。
栗よりも、殻付きのクルミとか、ヘーゼルナッツ(こちらも殻付き)の方が普通に売っています。
そして、マロンペーストとかマロンクリームといったケーキに使う食材が、ドイツには無いのです・・・
もちろん日本にも、普通のお店には置いてなくて、ケーキ専門の食材店やネットで購入するのが主流ですが、欧州の、そしてフランスが隣にあるにも拘らず、置いていないのにはびっくり!

結局、業者用の卸売りスーパー(会員制)へ連れて行ってもらい、購入したのでした。

・・・でも、これまた落とし穴が。
原材料名に、栗、砂糖、塩と書かれて入るのですが、しょっぱい!
砂糖を更に入れても、そのしょっぱさが引き立つ感じなのです!?
塩スイーツとでもいうのでしょうか。。。
他に代替品がないので、仕方なくこれで作ることになりましたが。

20101129-1

ママ友とのケーキ教室は、各自小さな子供がいるため、私がデモンストレーションをするのを見学してもらう形式なのですが、今回は最後の仕上げ、マロンクリームを絞るところは、各人でしてもらうことにしました。
初めてにしては上手にいった人もいれば、ラーメンのように絞れてしまった人もいて、それぞれ個性が出ましたが、みんな満足そうでしたよ。

最後のティータイムには、ノンアルコールの「ワイン」で乾杯。
日本では考えられないです。ノンアルコール・ワイン。
味はジュースっぽいけど、酸味とかは味わえる感じでした。

今回はチビちゃん達の写真を撮り忘れましたが、かなり動きが出てきました!
ママ達がキッチンに居る間、隣のリビングで遊んでいてもらったのですが、誰かが集合をかけたかのごとく、ゾロゾロとチビちゃん達が集まって来る場面もあり、大爆笑。
今までは泣くだけだったのが、一人で(お友達と)遊べるようになってきたし、自分で来られるようにもなったしね。

なんだか月日が経つのが早いです。
お菓子作り | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。