--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/20.Mon

産まれました!

遅ればせながらのご報告ですみません。。。

2月2日、この日が二人目の赤ちゃんの出産予定日でした。
イブの時は予定日通りだったし、ゾロ目のお誕生日、そして大安!でした。
今回の予定日も、ゾロ目、大安と条件が同じというのがあって、そんな単純な理由でだけでしたが、どうしても予定日に産みたいと願っていました。
その願いが強すぎて!?、なんと予定日の早朝に、陣痛がきたのです。

でもその陣痛は結構弱くて、陣痛?でも弱いしな~。
でもでも、同間隔でその痛みがやってくるし・・・
この痛みが陣痛なのか、そうでないのかをハッキリしたくて、とりあえず病院へ行くことにしました。
ハッキリしたかったのもありましたが、健診を受けていた産婦人科の先生に、子宮口が柔らかいから、いつ産まれてもおかしくないと言われていたし、超安産だとお墨付きだったので、陣痛がきてからは早いと確信していたのもあり、病院へ向かったのです。

ドイツの病院では、とりあえず、分娩室へ行きます。
そこで、赤ちゃんの心音を計る器具がお腹に取りつけられ、陣痛の間隔を計ります。
機械では、陣痛はきている様子。でも10分間隔くらいでした。
30分くらい計っても、陣痛の間隔が狭まる事が無かったので、助産師さんに、散歩してきなさいと言われ、ジョーと一緒に病院の階段を昇降。
1時間くらいしてからまた病室へ戻り、機械で計るも、まだまだ陣痛の痛みは緩やかで、間隔も10分と変わらず。
そんな微弱陣痛がずーっと続きました。
一日中、病院の階段を昇ったり、降りたり・・・

臨月に入る前から、健診に通っていた産婦人科の先生に、いつ産まれてもおかしくないから安静にしていることなんて言われたのもあり、歩く事を怠っていたからきっと陣痛も微弱なんだと思いました。
完全な、運動不足~。

朝に病院へ来たのに、夜になっても陣痛が強くならなくて、しまいには、「家に帰って休みたい・・・」とさえ思うようにもなったくらい。
こうなったら、助産師さんに、帰してくれって頼もう!と思った頃、助産師さんから、この状態(微弱陣痛のまま)で夜中に突入しても、あなたはゆっくり眠れないだろうし、体力ももたないから、陣痛促進剤を打ちましょうと提案。
私も、もう早く産みたい気持ちがあったので、そうしてくれと即答。

促進剤を投与してもらったら、あっという間に陣痛が進み、痛みが超特急でやってきました。
イブの時は、その痛みは、お風呂に入れてもらえてちょっとだけ和らいだので、今回もと期待しましたが、そんな悠長な事を言っている暇が無いくらい、子宮口もどんどん空いて、あっという間に全開。
イブの時に経験はしていたけど、その痛みのピークの痛さ、忘れていました・・・
もう、痛いのなんのって。
恥ずかしいなんて言っていられないくらい、叫びまくっていました。

陣痛がきてからは2時間ちょっとで出産を終えました。
やっぱり超安産。
しかも、今度の子は頭が小さかったのもあり、いきみも3~4回で出て来てくれました。

今回は、妊娠時期がとっても辛く、微弱陣痛だったし、出て来てくれるまでが遠い道のりでした。
そういう思いもあって、出て来てくれ、顔を見た瞬間、やっぱり涙があふれていました。
「ありがとう」
その一言。
私も辛かったけど、産道を通ってくる赤ちゃんも大変な思いをして出て来てくれるのよね。

20120203-01
待望の男の子。
これは3~4日後の写真。
しっかりした顔つきです。
名前は、「ナオ」。

20120203-02
イブの反応は・・・
赤ちゃん返りを相当心配していましたが、そんな心配をよそに、可愛がっているではないか!
でもやっぱり、周囲の注目を集めたい様子。
ママは赤ちゃんにとられたというのは分かるようで、他の大人たちを独り占め。
でも相当我慢しているのも分かるから、可哀想にも思います。
一方、ナオの方は、私、母の目から見ただけですが、周囲がイブ中心なので、注目度が低く感じ、こちらもちょっと可哀想。寂しい顔をしながらおっぱいを飲んでいたように思ったりしちゃいました。
(実際には、分かっていないと思いますがー)

産まれてから二週間が経ち、相変わらずイブは周囲の注目を集めたいし、ナオにジェラシーを感じている様子。
だけど、「ナオ君、ナオ君」を連発するようになったし、面倒をみたいみたいでオムツを用意してくれたり、タオルをかけてくれたり、優しいお姉ちゃんをしてくれています。
でも、ナオの哺乳瓶を、あげたくて持っていると思いきや(←本当にあげたい気持ちもあるけど)、自分で飲みたい(←実際、飲んだ!)ところは、やっぱりまだまだ赤ちゃんが残る、二歳児でした。

これからどんな騒動が待っている事やら・・・
でも可愛い盛り。
一日、一日をできるだけ大切に、思い出深くなるよう過ごしていきたいです。
(実際は奮闘ですけどね!)
スポンサーサイト
妊娠期 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/11/02.Wed

二度目のマタニティー・ライフ

今回のマタニティー・ライフ、イブの時よりもハプニングが多いような気がします。

悪阻はイブの時も酷かったけど、今回の方が長いような気がするし(7ヶ月の今もちょっと気持ち悪いし)、
まだ初期の頃、激しい腹痛があり、一週間も入院生活を送るハメになったし(原因は腸炎っぽいけど)、
そして今回の話のメイン、『鼻血』が毎日のように出まくります!

イブの時もたま~に出ていたからそんなに気にはしていなかったのですが、今回のはちょっと激しすぎ・・・
ほぼ毎日のように出ています。
しかも、何の前触れもなく、突然、鼻水のように鼻からツーっと。
これはおかしいと思い、耳鼻科へ行くことに決めました。

初診では、鼻の中に”かさぶた”が出来ていて、それを取らないと原因が分からないとのことで、とりあえず、塗り薬を処方されました。
メンソールの味(匂い?)のする塗り薬で、それを塗ったら、かさぶたが取れたような気がしたし、鼻血も止まりました!
(でも頻繁さが無くなっただけで、やっぱり鼻血は出ていたんですけどね。)

そして一週間後に病院へ行くと、かさぶたは取れておらず、その場で先生が鼻を掃除。
すると、そのかさぶたの奥に、≪できもの≫が潜んでおりました。
とっても小さいもので、診てもらった先生では手に負えず、別の先生に観てもらうことになり、そしてなんと、麻酔して処理すると言うことになったのです。
極小さな、軽い手術・・・ ガーン。。。

イブが一緒に居てはきっと泣きわめくと思ったので、ジョーに仕事を抜け出してもらい、イブの面倒をお願いし、手術へ。
最初は、切るのはものの10秒と言っていたのにもかかわらず、蓋を開けてみたら、その≪できもの≫は意外と大きかったらしく、手こずり、5~10分くらいやっていました。
麻酔したけど、ちょっと痛かったし、鼻なので、焼き切る臭いとかしてくるし、ドキドキでした。

やっと終わった時、先生からは、「我慢強かったね~」と。
「えっ? 確かに我慢したけど、そんなに手強いものだったの・・・?」
念のため、切り取った≪できもの≫は、研究所へ出すとの事でした。(結果はどうなんだろう・・・?)

そしてこんな有様・・・
20111101-01
小さすぎて分かりづらいでしょうか・・・。
鼻には詰め物がされ(たぶん、止血のためでしょう。)テーピングでぐるぐる巻きに。
こんな姿になると思っていなかったので、何も防御する策を考えておらず、結局こんな姿で帰りましたよ~。
これは月曜日の話。
火曜日はドイツは祝日だったのですが、外出はイブの散歩のみ。
でもしっかりマスクで防御。(でもその方が、ドイツでは怪しいかも。)
やっと明日、病院へ行くので、取れそうです!うれし~

妊娠期 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/09/14.Wed

新しい生命

久々の更新になりました。
しばらく更新していなかったので、心配をしてくださった方々、すみませんでした。そして、ありがとうございます!

お友達には直接に、報告しなければならないことですが、ブログで許してくださいね。

実は、
妊娠しました!
今は安定期、5ヶ月です。
予定日は、来年2月2日。
イブの時もそうだったけど、今回もゾロ目。
今回も予定日通りの出産を願いたいです~。

イブには兄弟を作ってあげたくて、今回の妊娠は計画的なもので、本当に嬉しい限りです。
でも・・・
私は『悪阻(つわり)』がとても辛い人で、イブの時も相当辛かったのですが、今回も、イヤ、今回の方が?辛い毎日でした。
家事は愚か、育児までも放棄!?
毎日、休むことなく、気持ち悪い状態が続くのです。
それに加え、倦怠感もあり、何もする気力がなくなるんですよねー。

イブが可哀想でたまりませんでした。
でも、何もしてあげれない自分がいて、自己嫌悪の毎日でした。

ドイツに住んでいると、頼れるのは友達だけ。
本当に、お友達の存在の有り難さを感じました。

それでも限界があるため、やっぱり実家に頼らざるを得なくなり、実は、一時帰国していました。
(ご連絡できなかった方々には、本当にごめんなさい。)
日本は予想通り、猛暑だし、節電だし、夏バテ思いっきりしましたが、それでも家事をしなくていい毎日は、心が休まりました。
イブも、日本では何故か、イキイキ過ごしていたように思います(笑)

久々の日本生活も、ほとんど体調が悪かったので、満喫はできませんでしたけどね・・・

悪阻生活は3ヶ月。
今もちょっとだけ、気持ち悪さは残っていますが、大分、回復してきました。
イブの時のことを振り返ってみたら、もうそろそろ治まってもよさそうなのにな。
でも、悪阻があることは、赤ちゃんが元気に育っている証拠のようなものなので、もう少し我慢です。

そんな体調が悪い中、先週はあることをしてきました。
その内容は次回・・・
妊娠期 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/12/12.Sat

準備万端!?

ドイツに来てから絶対暇になると思って、日本にいる時に「作ろう」と思って買っておいたいーちゃん用のおくるみ(かぎ針編み)。
正方形で編めばいいのだと、勝手に簡単だと判断して作り始めたが・・・
思いのほか量が多いのと、編んでいくうちにどんどん重たくなって手がしびれる、しびれる。
(手がしびれるのは妊婦のせいだと思うが。)

途中、結構忙しくなったのもあって中断していたが、いよいよ予定日が近づいてきて、産後は絶対的に編む時間がないのは分かっていたのでラストスパート!
そしてやっと、ついに、予定日前日に完成しました!!

出産準備-1

本当は、「おくるみ」というのは正方形なのだが、毛糸の種類を本とは違うものを購入したためゲージ(寸法)が違っていて、長方形になってしまいました・・・
ごめんね、いーちゃん。
でもくるめると思うから(苦笑)

それから、日本では分娩後の入院時のものって、もちろん病院にもよると思うが、結構手厚く用意されているというのが私の想像。
ですがここはドイツ。
そんなサービスのかけらもありません。
入院時に必要なものを先輩ママから聞いて、自分で準備しました。

出産準備-2

スリッパさえも、自分で準備しなくちゃならない始末。
ですよね~、外国って自宅も土足ですから。

明日が予定日だが、赤ちゃんは自分のタイミングで”その時”を見計らい、陣痛が起きるそう。
きっと一番良いタイミングで産まれてきてくれるのだろうな。
気長に待たなきゃね。


タイトルとは関係ありませんが、
昨日に次いで、「マッシュルームまん」略して「マッシュまん」を作ってみました!

出産準備-3

一部飛び出ているのはチーズ。
結構前に買ったチーズを使おうと思って冷蔵庫を開けたが、なんと(というかやはり)カビが~!
急遽違うチーズを使いました。(有って良かった。)


妊娠期 | Comments(3) | Trackback(0)
2009/12/03.Thu

プレママ達とのランチ♪

38週と4日となりました。
本日は、私がもうすぐ外出もままならないと思ったこともあり、妊婦教室で知り合ったお友達を誘って、ランチ会を開きました。
昨日に比べて寒~くなった本日でしたが、無事にみんな集合してくれてホッと一安心。
言いだしっぺの私も、前日の夜中に産気づいてしまったらどうしよう・・・と思っていたので、いーちゃんが良い子でよかった♪

本日のお店は『Bel's』というイタリアン。
何故かランチタイムなのに、貸し切り状態で、他のお客が入らない・・・
大丈夫なのか?このお店。
でも、そんな心配をよそに、出てきたメニューは全て美味しかったです(*^_^*)

プレママランチ-1
前菜:サーモンのリコッタチーズ添え

プレママランチ-2
メイン:キノコのリゾット

プレママランチ-3
デザート:チョコレートムース

しめて11€のランチコースでした。

やはり妊娠中の準備やら、今の生活やら、産んだ後のことやら、どうなるんだろうという不安が多いせいか、話は尽きず、でも同じ境遇なので、そういう友達と今の自分の不安やら期待やらを話し合えることができるのは幸せなことだなーとしみじみ。

半年も過ぎればみんな赤ちゃんが出てきているので、こうして優雅なランチタイムには程遠いけど、それぞれ赤ちゃんを連れてランチするんだろうなー。
その時はひっちゃかめっちゃかだろうけど(苦笑)。
妊娠期 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。